スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

[セリエA]2014-2015セリエA 試合日程

2014-2015セリエA 試合日程



2014.8.31 第1節

アタタンタ vs エラス・ヴェローナ
チェゼーナ vs パルマ
キエーヴォ・ヴェローナ vs ユヴェントス
ジェノア vs ナポリ
ACミラン vs ラツィオ
パレルモ vs サンプドリア
ASローマ vs フィオレンティーナ
サッスオーロ vs カリアリ
トリノ vs インテル
ウディネーゼ vs エンポリ

2014.9.14 第2節

カリアリ vs アタランタ
エンポリ vs ASローマ
フィオレンティーナ vs ジェノア
エラス・ヴェローナ vs パレルモ
インテル vs サッスオーロ
ユヴェントス vs ウディネーゼ
ラツィオ vs チェゼーナ
ナポリ vs キエーヴォ・ヴェローナ
パルマ vs ACミラン
サンプドリア vs トリノ

2014.9.21 第3節

アタランタ vs フィオレンティーナ
チェゼーナ vs エンポリ
キエーヴォ・ヴォローナ vs パルマ
ジェノア vs ラツィオ
ACミラン vs ユヴェントス
パレルモ vs インテル
ASローマ vs カリアリ
サッスオーロ vs サンプドリア
トリノ vs エラス・ヴェローナ
ウディネーゼ vs ナポリ

2014.9.24 第4節

カリアリ vs トリノ
エンポリ vs ACミラン
フィオレンティーナ vs サッスオーロ
エラス・ヴェローナ vs ジェノア
インテル vs アタランタ
ユヴェントス vs チェゼーナ
ラツィオ vs ウディネーゼ
ナポリ vs パレルモ
パルマ vs ASローマ
サンプドリア vs キエーヴォ・ヴェローナ

2014.9.28 第5節

アタランタ vs ユヴェントス
チェゼーナ vs ACミラン
キエーヴォ・ヴェローナ vs エンポリ
ジェノア vs サンプドリア (Derby della Lanterna)
インテル vs カリアリ
パレルモ vs ラツィオ
ASローマ vs エラス・ヴェローナ
サッスオーロ vs ナポリ
トリノ vs フィオレンティーナ
ウディネーゼ vs パルマ

2014.10.5 第6節

エンポリ vs パレルモ
フィオレンティーナ vs インテル
エラス・ヴェローナ vs カリアリ
ユヴェントス vs ASローマ
ラツィオ vs サッスオーロ
ACミラン vs キエーヴォ・ヴェローナ
ナポリ vs トリノ
パルマ vs ジェノア
サンプドリア vs アタランタ
ウディネーゼ vs チェゼーナ

2014.10.19 第7節

アタランタ vs パルマ
カリアリ vs サンプドリア
フィオレンティーナ vs ラツィオ
ジェノア vs エンポリ
エラス・ヴェローナ vs ACミラン
インテル vs ナポリ
パレルモ vs チェゼーナ
ASローマ vs キエーヴォ・ヴェローナ
サッスオーロ vs ユヴェントス
トリノ vs ウディネーゼ

2014.10.26 第8節

チェゼーナ vs インテル
キエーヴォ・ヴェローナ vs ジェノア
エンポリ vs カリアリ
ユヴェントス vs パレルモ
ラツィオ vs トリノ
ACミラン vs フィオレンティーナ
ナポリ vs エラス・ヴェローナ
パルマ vs サッスオーロ
サンプドリア vs ASローマ
ウディネーゼ vs アタランタ

2014.10.29 第9節

アタランタ vs ナポリ
カリアリ vs ACミラン
フィオレンティーナ vs ウディネーゼ
ジェノア vs ユヴェントス
エラス・ヴェローナ vs ラツィオ
インテル vs サンプドリア
パレルモ vs キエーヴォ・ヴェローナ
ASローマ vs チェゼーナ
サッスオーロ vs エンポリ
トリノ vs パルマ

2014.11.2 第10節

チェゼーナ vs エラス・ヴェローナ
キエーヴォ・ヴェローナ vs サッスオーロ
エンポリ vs ユヴェントス
ラツィオ vs カリアリ
ACミラン vs パレルモ
ナポリ vs ASローマ (Derby del Sole)
パルマ vs インテル
サンプドリア vs フィオレンティーナ
トリノ vs アタランタ
ウディネーゼ vs ジェノア

2014.11.9 第11節

カリアリ vs ジェノア
キエーヴォ・ヴェローナ vs チェゼーナ
エンポリ vs ラツィオ
フィオレンティーナ vs ナポリ
インテル vs エラス・ヴェローナ
ユヴェントス vs パルマ
パレルモ vs ウディネーゼ
ASローマ vs トリノ
サンプドリア vs ACミラン
サッスオーロ vs アタランタ

2014.11.23 第12節

アタランタ vs ASローマ
チェゼーナ vs サンプドリア
ジェノア vs パレルモ
エラス・ヴェローナ vs フィオレンティーナ
ラツィオ vs ユヴェントス
ACミラン vs インテル (Derby della Madonnina)
ナポリ vs カリアリ
パルマ vs エンポリ
トリノ vs サッスオーロ
ウディネーゼ vs キエーヴォ・ヴェローナ

2014.11.30 第13節

カリアリ vs フィオレンティーナ
チェゼーナ vs ジェノア
キエーヴォ・ヴェローナ vs ラツィオ
エンポリ vs アタランタ
ユヴェントス vs トリノ (Derby della Mole)
ACミラン vs ウディネーゼ
パレルモ vs パルマ
ASローマ vs インテル
サンプドリア vs ナポリ
サッスオーロ vs エラス・ヴェローナ

2014.12.7 第14節

アタランタ vs チェゼーナ
カリアリ vs キエーヴォ・ヴェローナ
フィオレンティーナ vs ユヴェントス
ジェノア vs ACミラン
エラス・ヴェローナ vs サンプドリア
インテル vs ウディネーゼ
ナポリ vs エンポリ
パルマ vs ラツィオ
ASローマ vs サッスオーロ
トリノ vs パレルモ

2014.12.14 第15節

チェゼーナ vs フィオレンティーナ
キエーヴォ・ヴェローナ vs インテル
エンポリ vs トリノ
ジェノア vs ASローマ
ユヴェントス vs サンプドリア
ラツィオ vs アタランタ
ACミラン vs ナポリ
パレルモ vs サッスオーロ
パルマ vs カリアリ
ウディネーゼ vs エラス・ヴェローナ

2014.12.21 第16節

アタランタ vs パレルモ
カリアリ vs ユヴェントス
フィオレンティーナ vs エンポリ
エラス・ヴェローナ vs キエーヴォ・ヴェローナ (Derby dell'Arena)
インテル vs ラツィオ
ナポリ vs パルマ
ASローマ vs ACミラン
サンプドリア vs ウディネーゼ
サッスオーロ vs チェゼーナ
トリノ vs ジェノア

2015.1.6 第17節

チェゼーナ vs ナポリ
キエーヴォ・ヴェローナ vs トリノ
エンポリ vs エラス・ヴェローナ
ジェノア vs アタランタ
ユヴェントス vs インテル (Derby d'Italia)
ラツィオ vs サンプドリア
ACミラン vs サッスオーロ
パレルモ vs カリアリ
パルマ vs フィオレンティーナ
ウディネーゼ vs ASローマ

2015.1.11 第18節

アタランタ vs キエーヴォ・ヴェローナ
カリアリ vs チェゼーナ
フィオレンティーナ vs パレルモ
エラス・ヴェローナ vs パルマ
インテル vs ジェノア
ナポリ vs ユヴェントス
ASローマ vs ラツィオ (Derby della capitale)
サンプドリア vs エンポリ
サッスオーロ vs ウディネーゼ
トリノ vs ACミラン

2015.1.18 第19節

チェゼーナ vs トリノ
キエーヴォ・ヴェローナ vs フィオレンティーナ
エンポリ vs インテル
ジェノア vs サッスオーロ
ユヴェントス vs エラス・ヴェローナ
ラツィオ vs ナポリ
ACミラン vs アタランタ
パレルモ vs ASローマ
パルマ vs サンプドリア
ウディネーゼ vs カリアリ

2015.1.25 第20節
エラス・ヴェローナ vs アタタンタ
パルマ vs チェゼーナ
ユヴェントス vs キエーヴォ・ヴェローナ
ナポリ vs ジェノア
ラツィオ vs ACミラン
サンプドリア vs パレルモ
フィオレンティーナ vs ASローマ
カリアリ vs サッスオーロ
インテル vs トリノ
エンポリ vs ウディネーゼ

2015.2.1 第21節
アタランタ vs カリアリ
ASローマ vs エンポリ
ジェノア vs フィオレンティーナ
パレルモ vs エラス・ヴェローナ
サッスオーロ vs インテル
ウディネーゼ vs ユヴェントス
チェゼーナ vs ラツィオ
キエーヴォ・ヴェローナ vs ナポリ
ACミラン vs パルマ
トリノ vs サンプドリア

2015.2.8 第22節
フィオレンティーナ vs アタランタ
エンポリ vs チェゼーナ
パルマ vs キエーヴォ・ヴォローナ
ラツィオ vs ジェノア
ユヴェントス vs ACミラン
インテル vs パレルモ
カリアリ vs ASローマ
サンプドリア vs サッスオーロ
エラス・ヴェローナ vs トリノ
ナポリ vs ウディネーゼ

2015.2.15 第23節
トリノ vs カリアリ
ACミラン vs エンポリ
サッスオーロ vs フィオレンティーナ
ジェノア vs エラス・ヴェローナ
アタランタ vs インテル
チェゼーナ vs ユヴェントス
ウディネーゼ vs ラツィオ
パレルモ vs ナポリ
ASローマ vs パルマ
キエーヴォ・ヴェローナ vs サンプドリア

2015.2.22 第24節
ユヴェントス vs アタランタ
ACミラン vs チェゼーナ
エンポリ vs キエーヴォ・ヴェローナ
サンプドリア vs ジェノア (Derby della Lanterna)
カリアリ vs インテル
ラツィオ vs パレルモ
エラス・ヴェローナ vs ASローマ
ナポリ vs サッスオーロ
フィオレンティーナ vs トリノ
パルマ vs ウディネーゼ

2015.3.1 第25節
パレルモ vs エンポリ
インテル vs フィオレンティーナ
カリアリ vs エラス・ヴェローナ
ASローマ vs ユヴェントス
サッスオーロ vs ラツィオ
キエーヴォ・ヴェローナ vs ACミラン
トリノ vs ナポリ
ジェノア vs パルマ
アタランタ vs サンプドリア
チェゼーナ vs ウディネーゼ

2015.3.8 第26節
パルマ vs アタランタ
サンプドリア vs カリアリ
ラツィオ vs フィオレンティーナ
エンポリ vs ジェノア
ACミラン vs エラス・ヴェローナ
ナポリ vs インテル
チェゼーナ vs パレルモ
キエーヴォ・ヴェローナ vs ASローマ
ユヴェントス vs サッスオーロ
ウディネーゼ vs トリノ

2015.3.15 第27節
インテル vs チェゼーナ
ジェノア vs キエーヴォ・ヴェローナ
カリアリ vs エンポリ
パレルモ vs ユヴェントス
トリノ vs ラツィオ
フィオレンティーナ vs ACミラン
エラス・ヴェローナ vs ナポリ
サッスオーロ vs パルマ
ASローマ vs サンプドリア
アタランタ vs ウディネーゼ

2015.3.22 第28節
ナポリ vs アタランタ
ACミラン vs カリアリ
ウディネーゼ vs フィオレンティーナ
ユヴェントス vs ジェノア
ラツィオ vs エラス・ヴェローナ
サンプドリア vs インテル
キエーヴォ・ヴェローナ vs パレルモ
チェゼーナ vs ASローマ
エンポリ vs サッスオーロ
パルマ vs トリノ

2015.4.4 第29節
エラス・ヴェローナ vs チェゼーナ
サッスオーロ vs キエーヴォ・ヴェローナ
ユヴェントス vs エンポリ
カリアリ vs ラツィオ
パレルモ vs ACミラン
ASローマ vs ナポリ (Derby del Sole)
インテル vs パルマ
フィオレンティーナ vs サンプドリア
アタランタ vs トリノ
ジェノア vs ウディネーゼ

2015.4.12 第30節
ジェノア vs カリアリ
チェゼーナ vs キエーヴォ・ヴェローナ
ラツィオ vs エンポリ
ナポリ vs フィオレンティーナ
エラス・ヴェローナ vs インテル
パルマ vs ユヴェントス
ウディネーゼ vs パレルモ
トリノ vs ASローマ
ACミラン vs サンプドリア
アタランタ vs サッスオーロ

2015.4.19 第31節
ASローマ vs アタランタ
サンプドリア vs チェゼーナ
パレルモ vs ジェノア
フィオレンティーナ vs エラス・ヴェローナ
ユヴェントス vs ラツィオ
インテル vs ACミラン (Derby della Madonnina)
カリアリ vs ナポリ
エンポリ vs パルマ
サッスオーロ vs トリノ
キエーヴォ・ヴェローナ vs ウディネーゼ

2015.4.26 第32節
フィオレンティーナ vs カリアリ
ジェノア vs チェゼーナ
ラツィオ vs キエーヴォ・ヴェローナ
アタランタ vs エンポリ
トリノ vs ユヴェントス (Derby della Mole)
ウディネーゼ vs ACミラン
パルマ vs パレルモ
インテル vs ASローマ
ナポリ vs サンプドリア
エラス・ヴェローナ vs サッスオーロ

2015.4.29 第33節
チェゼーナ vs アタランタ
キエーヴォ・ヴェローナ vs カリアリ
ユヴェントス vs フィオレンティーナ
ACミラン vs ジェノア
サンプドリア vs エラス・ヴェローナ
ウディネーゼ vs インテル
エンポリ vs ナポリ
ラツィオ vs パルマ
サッスオーロ vs ASローマ
パレルモ vs トリノ

2015.5.3 第34節
フィオレンティーナ vs チェゼーナ
インテル vs キエーヴォ・ヴェローナ
トリノ vs エンポリ
ASローマ vs ジェノア
サンプドリア vs ユヴェントス
アタランタ vs ラツィオ
ナポリ vs ACミラン
サッスオーロ vs パレルモ
カリアリ vs パルマ
エラス・ヴェローナ vs ウディネーゼ

2015.5.10 第35節
パレルモ vs アタランタ
ユヴェントス vs カリアリ
エンポリ vs フィオレンティーナ
キエーヴォ・ヴェローナ vs エラス・ヴェローナ (Derby dell'Arena)
ラツィオ vs インテル
パルマ vs ナポリ
ACミラン vs ASローマ
ウディネーゼ vs サンプドリア
チェゼーナ vs サッスオーロ
ジェノア vs トリノ

2015.5.17 第36節
ナポリ vs チェゼーナ
トリノ vs キエーヴォ・ヴェローナ
エラス・ヴェローナ vs エンポリ
アタランタ vs ジェノア
インテル vs ユヴェントス (Derby d'Italia)
サンプドリア vs ラツィオ
サッスオーロ vs ACミラン
カリアリ vs パレルモ
フィオレンティーナ vs パルマ
ASローマ vs ウディネーゼ

2015.5.24 第37節
キエーヴォ・ヴェローナ vs アタランタ
チェゼーナ vs カリアリ
パレルモ vs フィオレンティーナ
パルマ vs エラス・ヴェローナ
ジェノア vs インテル
ユヴェントス vs ナポリ
ラツィオ vs ASローマ (Derby della capitale)
エンポリ vs サンプドリア
ウディネーゼ vs サッスオーロ
ACミラン vs トリノ

2015.5.31 第38節
トリノ vs チェゼーナ
フィオレンティーナ vs キエーヴォ・ヴェローナ
インテル vs エンポリ
サッスオーロ vs ジェノア
エラス・ヴェローナ vs ユヴェントス
ナポリ vs ラツィオ
アタランタ vs ACミラン
ASローマ vs パレルモ
サンプドリア vs パルマ
カリアリ vs ウディネーゼ
スポンサーサイト

Tag:セリエA  Trackback:0 comment:0 

[ミラン]2014-2015セリエA ACミラン・日程

2014-2015セリエA ACミラン・日程



2014.8.31
第1節 ラツィオ (ホーム)

2014.9.14
第2節 パルマ (アウェイ)

2014.9.21
第3節 ユヴェントス (ホーム)

2014.9.24
第4節 エンポリ (アウェイ)

2014.9.28
第5節 チェゼーナ (アウェイ)

2014.10.5
第6節 キエーヴォ・ヴェローナ (ホーム)

2014.10.19
第7節 エラス・ヴェローナ (アウェイ)

2014.10.26
第8節 フィオレンティーナ (ホーム)

2014.10.29
第9節 カリアリ (アウェイ)

2014.11.2
第10節 パレルモ (ホーム)

2014.11.9
第11節 サンプドリア (アウェイ)

2014.11.23
第12節 インテル (ホーム扱い)

2014.11.30
第13節 ウディネーゼ (ホーム)

2014.12.7
第14節 ジェノア (アウェイ)

2014.12.14
第15節 ナポリ (ホーム)

2014.12.21
第16節 ASローマ (アウェイ)

2015.1.6
第17節 サッスオーロ(ホーム)

2015.1.11
第18節 トリノ (アウェイ)

2015.1.18
第19節 アタランタ (ホーム)

2015.1.25
第20節 ラツィオ (アウェイ)

2015.2.1
第21節 パルマ (ホーム)

2015.2.8
第22節 ユヴェントス (アウェイ)

2015.2.15
第23節 エンポリ (ホーム)

2015.2.22
第24節 チェゼーナ (ホーム)

2015.3.1
第25節 キエーヴォ・ヴェローナ (アウェイ)

2015.3.8
第26節 エラス・ヴェローナ (ホーム)

2015.3.15
第27節 フィオレンティーナ (アウェイ)

2015.3.22
第28節 カリアリ (ホーム)

2015.4.4
第29節 パレルモ (アウェイ(鬼門、レンツォ・バルベラ))

2015.4.12
第30節 サンプドリア (ホーム)

2015.4.19
第31節 インテル (アウェイ扱い)

2015.4.26
第32節 ウディネーゼ (アウェイ)

2015.4.29
第33節 ジェノア (ホーム)

2015.5.3
第34節 ナポリ (アウェイ)

2015.5.10
第35節 ASローマ (ホーム)

2015.5.17
第36節 サッスオーロ(アウェイ)

2015.5.24
第37節 トリノ (ホーム)

2015.5.31
第38節 アタランタ (アウェイ)

Forza Milan!!
テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

Tag:セリエA  Trackback:0 comment:0 

[La storia di un giocatore]ファン・マヌエル・イトゥルベ ~自ら切り開くシンデレラストーリー~

...more
テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

Tag:セリエA  Trackback:0 comment:0 

[ACミラン]2013-2014 セリエA第28節 ACミランvsパルマ 試合中ツイートまとめ

2013-2014 セリエA第28節 ACミランvsパルマ 試合中の @SacoeCalio ツイートまとめ

まずは、試合前のクルヴァ・スッド・ミラノの抗議に関する部分。

[到着]クルヴァ・スッド・ミラノがサン・シーロに到着。宣告通り、抗議活動開始。アドリアーノ・ガッリアーニ副会長代理兼CEO、ならびに何人かの選手に対してのもの。

Cruva Sud Milano「俺達の心の中にミランがある。」「お前達が俺らのC*****を潰した!」「ロッソネーロは俺達のものだ!」「ダメな選手をミランから追い出せ!」「俺達はめっちゃ強かったのを思い出せ。今は腐っちまってるがな!」

クルヴァ・スッド・ミラノの集いは約500人にまで増加しているとの噂。

クルヴァ・スッドの怒りは主に2つ。1つはアドリアーノ・ガッリアーニ副会長代理兼CEOがティフォージの声を無視したことに対し。もう1つは一向にパフォーマンスが良くならず、しかも向上心が見られないとされる何人かの特定の選手に対し。

正直言うと、あのタイミングでバックラインの獲得なんて無理だったでしょう。誰1人としてメルカート上に出てなかったと思います。MFも誰がとれたというのでしょうか。金もないのに。それこそ監督擁護派だった人たちのスケープゴートにされたと思うけど。

[到着]ACミランのチームバスがサン・シーロに到着。大騒動は起こらず。バスを止めたりすることもなく、抗議の声とバナーのみ。


[セリエA第28節パルマ戦(ホーム)ACミラン・スタメン(4-2-3-1)]アッビ;アバテ、ボネ、メクセス、エマ;兄貴、エッシェン;ポーリ、姫、カカ;バロ

[セリエA第28節パルマ戦(ホーム)ACミラン・ベンチ]アメリア;ザッカルド、ラミ、シルヴェストレ、サパタ、コンスタン、ムンタリ、ターラブト、本田圭佑、サポナーラ、ロビーニョ、パッツォ

[セリエA第28節ACミラン戦(アウェイ)パルマ・スタメン(4-3-3)]ミランテ;カッサーニ、フェリペ、ルカレッリ、モリナーロ;アクアー、マルキオンニ、マルコ・パローロ;スケロット、カッサーノ、ビアビアニー

セーも貫けばいいのに。姫と兄貴の2センターはうまくいってるんだから、それで前はターラブト使ってあげればいいのに。なんでメクセスなんだろう。


キックオフ

バックラインはかなり高め。無理やりにでも押し上げろっていう指示でしょうか。逆に、パルマは単純に裏を狙ってくる。

5' パルマにカルチョ・ディ・リゴーレ。クリスティアン・アッビアーティにロッソ。

簡単に裏を取られるエマ。カヴァーする気のないメクセス。犠牲者アッビ。素晴らしい。

アッビ、今の対応は仕方ない。

アッビの対応よりも、あそこなんでメクセス考えて動いてポジショニングしてないのか、後でチェックしたい。ちょっとかくついてちゃんと確認できなかった。

8' ACミラン選手交代 マイケル・エッシェン → マルコ・アメリア

9' パルマ先制。アントニオ・カッサーノ、リゴーレ左隅。

エマをマルセロと仮定して、守備時にディ・マリアにやらせてるようなことをエッシェンにやらせようとしてるのかな。

18' 右からのコーナー、リッキーが頭でずらしたのをバロがダイレクトで合わせるも右ポスト直撃!

結局、クルヴァ・スッドも応援してる。なんだかんだで黙って試合見るなんてできないんだから。

リッキーからバロへの流れもよかったし、バロの落としも悪くなかった。

ポーリ、ないすガッツ。それでいいんだ。

姫ほんと守備できるようになったね。アリバイもだいぶ改善された。

今すぐにでも5を81と替えたい。

あっぶな。5番が何となくでディフェンスしてたからボネが2人対応せざるを得なかった。よくブロックしたボネ。

アトレティコ・マドリード戦でもゴールを決め、責務を果たしているリッキー・カカのチャントは全力のクルヴァ・スッド。

ポーリ!!今の動きよかった。ルカレッリさんの対応がよかった。

アクアー君のところでブロック入ってたか。

30' ダニエレ・ボネーラにジャッロ。

姫が倒れたところ、頭にもろでカッサーノのシュートが直撃。これはあぶない。

バロにはブーイング。。。w

バロこれは夏マジであるなぁ。2014年夏論、あたるかもしれないw

バロも姫も今のはよかった。ルカレッリさんがうまかった。割り切ろう。

38' バロテッリが姫のパスを受けてシュート。ミランテに防がれる。そして、その前にオフサイド。

39' フィリップ・メクセスに貫録のジャッロ。

カッサーノ、今のはシミュレーションですけどねw

あっさりビアビアのマークははずすし、振りぬかれてるメクセス。シュートをボネがブロック。

リッキー、背負い込まない。あっさりするとこしていいよ。

バロ、そんな精神的に強いタイプじゃないんだから、持っただけでブーイングしてたらもっとひどくなると思うんだけど。

43' アメリアが神セーブ。珍しい。

ボネよく跳ね返した。

アバテめずらしくいいクロス。ただ、パルマの守備はいいんですよねぇ。

姫よく頑張った。そして、おもいっきり滑るバロ。珍しいね。

[セリエA第28節] 前半終了 ACミラン 0-1 パルマ 得点者 7' アントニオ・カッサーノ(パルマ)


後半

なぜ大きく蹴りださないのか。そして、その受け方バレてるよエマ。

だんだんと時間とともに4-3-1-1に移行完了。

バロに守備をさせるのはセーのやさしさと受け止めたい。

51' パルマ追加点。アントニオ・カッサーノ、ドッピエッタ。

51' 案の定アクアーに左サイドを抜かれ、だれかは当たりにもいかず、中への折り返しをカッサーノが受け、切り返したのち、ゴール左へ。

52' ACミラン選手交代 ウルビー・エマヌエルソン → アディル・ラミ

ボネが左サイドバックに回り、ラミが左のセンターバックに。

53' 右サイドでアバテが粘り、中へのパスをポーリが受けてルカレッリさんをはがして左足。ミランテが正面でキャッチ。

バロもこういうときに激昂しなくなった点は成長ととらえてあげたいけどなぁ。

56' ミラン1点返す!左からのコーナー!ラミのヘッド!!

レッチェ戦のジェペス様のヘッド思い出した。

59' バロテッリからディフェンスラインと勝負するカカへ!カカのトラップはシュートに向けていいものだったが、シュートを打つところでギリギリブロックされる!Bene Ricky! Dai Dai Dai!

子どもたちの声で"Milan! Milan! Milan!"

とりあえずバックラインはザッカルド、ラミ、ボネを同時起用でいくのがいいのかもしれない。エマの守備はもうダメだし。右はローテにして。

63' パルマ選手交代 アントニオ・カッサーノ → アマウリ

65' 左サイドを裏にリッキー飛び出す。クロスはフェリペにかわされる。

66' ACミラン選手交代 ダニエレ・ボネーラ → ジャンパオロ・パッツィーニ

5番じゃなくボネ!?あ、次の試合出場停止を恐れてか!そう思おう。(白目)

アンドレア・ポーリが左サイドバック。

67' マルコ・マルキオンニにジャッロ。次節出場停止。

守備時は競り負けるのに、攻撃時は競り勝つ5番ぇ。

ハンドなし。

72' パルマ選手交代 マルコ・マルキオンニ → ジョエル・オビ

ポーリ、頑張りました。彼のスタミナはもう残っていません。

カルチョ・ディ・リゴーレ!!!!!!!!!!
75' ジョエル・オビにジャッロ。

姫よくがんばりました。

76' ミラン同点!!マリオ・バロテッリ!!

バロ、精神的にはつらい状況だったと思うんだけど、よく落ち着いて決めたね。激昂せず、淡々と。今日はほめてあげたい。

77' パルマ勝ち越し。アマウリ。

兄貴は今よく戻ったけどね。股抜きされてますから。苦笑

あそこまで来られてるのに、準備すらできていない体勢って、なかなか難しい。

80' パルマ選手交代 アフリー・アクアー → ジャンニ・ムナーリ

82' アディル・ラミにジャッロ。

あんだけついてて中に入れられるかw

姫、離脱あるかもしれんなぁ。痛そう。

うわー。パッツォいい落としやったんやけど。

アマウリ「ワタシハ、パルマノ、アッバレーウッシーヨー!!」

90+5' パルマ追加点。ジョナタン・ビアビアニー、ダイビングヘッド。

[#SerieA 第28節] 試合終了 ACミラン 2-3 パルマ
得点者 9' A・カッサーノ(P・PK) 51' A・カッサーノ(P) 56' A・ラミ(M) 76' M・バロテッリ(M・PK) 78' アマウリ(P) 95' J・ビアビアニー(P)

試合終了間際にイグニャチオ・アバテが右ハムストリングの筋肉系トラブルで終了しました。その前には空中戦の落下でリッカルド・モントリーヴォ姫が腰を強打しています。


[怪我人続出]リッカルド・モントリーヴォは胸部打撲のため現在、病院で検査中。イグニャチオ・アバテは右膝屈筋のトラブル、ダニエレ・ボネーラは内転筋のトラブルで明日病院で検査。

[会談]クラレンス・セードルフ監督と何人かの選手がクルヴァ・スッド・ミラノのリーダー達と対談したとのこと。そのためテレビのマイクの前に現れるのが遅くなったとのこと。

[詳細]ACミランの現状・問題を説明するため、クルヴァ・スッド・ミラノのリーダー達とサン・シーロのExecutiveルームで会談を行ったのは、クラレンス・セードルフ、リッキー・カカ、ダニエレ・ボネーラ、イグニャチオ・アバテ、マリオ・バロテッリ。


いろんなことがあったパルマ戦でした。
昨今、アッレグリとセードルフを比較する画像なども見かけますし、それを使って「アッレグリの方がよかったんだ」とかという論調に持ち込もうとする流れも見かけます。
ですが、僕個人としては、今の方がいい。
誰がいる選手で、誰がいらない選手なのかもハッキリしている。
さらには「良いのに不幸」な選手が前監督と違って出ていないこと。
もちろん期間は短いですが。
着実に来シーズンに向けた準備をしないといけません。
2015-2016シーズンのチャンピオンズ決勝はサン・シーロなのですから。
テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

Tag:セリエA  Trackback:0 comment:0 

[セリエA]第25節 ACミランvsパルマ ~「世界最強」との再戦直前に見つけたもの~

ミランはまたもやバルセロナと対戦することになった。
シーズン中盤に入って安定した4-3-3は、今シーズン、中心選手となったステファン・エル・シャーラウィを気持ちよくプレーさせるためであり、守備時は4+5ブロックを作って全員ディフェンスをするということを目指したものである。
アレッサンドロ・ネスタ、チアゴ・シウヴァ、ファン・ボメルを失ったミランにはもう個の圧倒的な力で守り切ってしまうという荒技は繰り出せず、守備で四苦八苦していたミランはこれで全員守備という形で安定を得るしかなかったのである。

エル・シャーラウィは走った。
守備ではサイドバックほどまで下がり、何ならゴール前でピンチシーンでボール奪取するときさえあるほど。
毎試合、それを続け、特にターンオーバーもされず。
ファラオーネが左膝に再び問題を抱えることになるのは不可避なことであったのかもしれない。

バルセロナ戦を迎えるにあたって、特にホームで失点を避けたい時、エル・シャーラウィは必要不可欠な人材である。
ミラニスタは夢見ているかもしれない。
自陣左サイドでボールを奪ったファラオーネが自らドリブルでバルセロナディフェンスを切り裂き、ゴールを奪ってしまうのを。
ディエゴ・マラドーナ、リオネル・メッシの5人抜きドリブルからのゴールのように。。。



☆スタメン
スタメン・前半開始時フォーメーション
ACミラン:4-3-3、パルマ:4-3-3


☆4-3-3の弱点
ここ最近、ミランはある弱点を露呈していた。
上図のように、4-3-3の場合、基本的には守備時には4+5ブロックを形成し、スペースを固める。
しかし、これだと相手もまた中盤を3センターにされると、アンカーをフリーにしてしまいやすくなる。
試合序盤はその場所からの安定的なビルドアップに対し、ミランは完全に押し込まれる。
そして、そこで効いたのは故障明けのコンスタンとジェペスが久し振りに復帰したサイドを攻めるノリノリのジョナタン・ビアビアニーだった。
パルマはビアビアニーを効果的に使いながら、中にはアマウリ、そして左から中に入って来るニコラ・サンソーネを中心にシュートチャンスを作る。
対するミランはクリアボールを相手に渡しては帰陣するシーンがほとんどで、攻撃になっても個々の選手間の距離が遠く、さらに仕掛けのスイッチを入れる選手が不確定なため、単発な崩しを時折見せるのみに留まる。
序盤のミラニスタは心細い試合開始を見ることとなる。


☆アッレグリが久々に見せた的確な修正
筆者からすると、マッシミリアーノ・アッレグリは試合中の駆け引きや修正に弱い。
昨シーズンはアントニオ・コンテとの駆け引き勝負を仕掛けたこともあったが、今シーズンは駆け引きを仕掛けるだけの駒不足というのもあり、試合中の劣勢を打開する策は、あまりにも無策にも見えるときがある。
(もちろん、修正後同点や逆転に成功したことはあったが、メカニズムはそこになく、単なる駒の調整に終始していたと見ている。)

しかし、この日は違った。
クリアボールをどこに蹴り出そうがほとんど攻撃に繋がらなかったことを受け、ケヴィン・プリンス・ボアテングをトレクァルティスタに、そしてバロテッリとエムバイェ・ニアンの2トップに。
つまり、4-3-1-2である。
それと同時にボアにヴァルデスのマークを任せ、守備の役割分担を明確にする。
もちろん、これによってパルマにサイドの数的優位を譲ることとなるが、それでも中央の役割分担がハッキリとしたことで、ミランは体勢を立て直し始める。
さらに、ニアンには守備のタスクをそのまま与え続けた。
その修正による形勢逆転の象徴となったのが、39分のことだった。
右サイドのデ・シリオの速いグラウンダーのクロスに、パルマのガブリエル・パッレッタがオウンゴール。
ある意味ラッキーな形ではあるが、ミランは先制に成功する。


☆形勢優位ながら負けてしまうドナドーニの不運
筆者は、ロベルト・ドナドーニこそ今シーズン最も成長している監督だと思う。
選手層がやや拡充されたパルマだからこそではあるが、4-3-3と3-5-2の使い分けは対戦相手によって振り分け、それを見事に機能させている点においては、昨シーズンの流行の後追いであるにしても評価しうるものである。
そんなドナドーニのパルマが11月にはインテルを下し、1月にユヴェントスからドローをもぎ取ったのは偶然ではない。
(もちろん、1月のユヴェントスはウィンターブレイク中のハードトレーニングの疲れから調子を落としていたことは事実であるが。)

そんなドナドーニの4-3-3はアッレグリに1つの示唆を与えてくれた。
そう、次なる対戦相手、バルセロナもまた4-3-3を用いるチームだからである。

試合はというと、その後、悪くない流れで試合を進める。
もちろん、パルマが点を取りに来たため、前掛かりになり、バックラインが高くなったこともあって裏を取りやすくなったおかげでもあるが、チャンスシーンは作り上げていた。
しかし、2点目は流れの中からではなく、マリオ・バロテッリの美しいフリーキックからであった。
バロテッリはカップタイドのためバルセロナ戦には出場できないが、次節ミラノデルビーではまた一花咲かせてくれるかもしれない。

そして、その気分をそのままに2-0で試合終了、と言いたいところではあるが、ラストプレーで右からのクロスからニコラ・サンソーネに1点返されるのも今年のミラン。

1つの発想を得つつ、課題を露呈したミランは、水曜日には1点も取られてはならない勝負の再戦を迎える。



☆その他、筆者雑感
1. センターバックについて。
クリスティアン・サパタはマリオ・ジェペスと組ませるとまだマシ。
リオネル・メッシを止めるにはマリオ・ジェペスが必要だと考えており、相方はサパタが補完性では1番ではないか。
Bプランとしては、マッティア・デ・シリオとマリオ・ジェペスのコンビ。
こちらはバルセロナの前プレ対策の意味も込めて。

2. 中盤3センターについて。
この日、非常に気に行ったのは、前半はリッカルド・モントリーヴォが攻撃に参加し、その代わりに右インサイドに入ったアントニオ・ノチェリーノがカウンター対策のためバランスを取っていた関係性。
後半途中、リッカが省エネを始めたあたりから代わりにノチェリーノが攻撃参加を繰り出しており、こうした関係性がしっかりできてきたことは非常に評価したい。
やみくもに走ることよりも、効果的に走ってほしい。
それが筆者の持論でもある。
リッカとノチェのセットがやっと完成すれば今後非常に大きい。

試合結果





お読みいただきありがとうございます。
ブログランキング応援よろしくお願い致します。
また、ページ最上部や、右の広告をポチっとクリックしていただけると非常にうれしいです。
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

Tag:セリエA  Trackback:0 comment:2 

[セリエA開幕戦]ACミランvsサンプドリア 悲観の裏に隠された歓喜への準備

ACミランは今夏、多数のカンピオーネが去り、2人のクラッキを失った。
その顛末は以前記事にしたので、そちらをお読みいただくとする。
そうしたミランにあって、もう1人のキープレイヤーがミランを去る。
アントニオ・カッサーノである。
彼はアドリアーノ・ガッリアーニのやり方に不満を持ち、アッレグリのファーストチョイスでないという自分なりの勝手な解釈にも不満を持ちながらインテルミラノへ去って行った。
ここで兎角書くつもりはないが、彼のインタビューにその真意はあるだろう。
彼は嘘や偽りのない男である。
いや、そんなことのできぬほど、正直な男なのである。

☆アッレグリが希望したFW
カッサーノはインテリスタだったこともあり、代理人はインテルのモラッティ会長に移籍を持ちかけた。
当時、カッサーノの代理人は、もう1人のクライアントであるファビオ・クアリャレッラについてインテルと交渉を行っていたそうで、そこまでの流れはおそらく早かったものと思われる。
モラッティ会長は迷うことなくカッサーノを欲し、余剰人員と課しているパッツィーニを差し出すことも了承した。
ミランにとって、パッツィーニは欠けていたCFの次善のチョイス。
話はすんなりと進んだに違いない。
しかし、筆者はミランの監督マッシミリアーノ・アッレグリの希望はそこになかったと見ている。
ジャンパオロ・パッツィーニはワンタッチゴーラータイプ、フィジカル的な衰えや怪我での離脱があったとはいえ、ピッポ・インザーギをほとんどまともに使わなかった彼の戦術にパッツォは不向きなのである。
彼の希望はおそらくユヴェントスでそこそこの活躍を見せながらも信頼されきっていないように窺えるアレッサンドロ・マトリ。
マトリはアッレグリのカリアリ時代の選手であり、アッレグリ戦術の肝を理解している選手であるからだ。
しかし、その願いは成就しなかった。


この日のミランは主に2種類の新しい戦術を見せた。
昨シーズンまでもアッレグリは攻撃を「イブラ頼み」と言われながら、その「イブラ頼み」の攻撃のメカニズムをマイナーチェンジし続けてきた。
昨シーズンまでのそのメカニズムの変遷は既に他の分析者の方々が説明されておられるので、ここでは割愛させて頂くが、筆者が見る、アッレグリのチームにおける攻撃崩しのメカニズムにおいての重要なポイントは2つ、スイッチを入れる選手の存在と、ダイアゴナルな動きと直線的な動きの連鎖である。

☆ロビーニョとステファン・エル・シャーラウィの利便性
アッレグリ戦術において、目に見えやすい1つの特徴は前線の選手による守備参加の要求が1つにあろう。
その要求を満たす選手がロビーニョとステファン・エル・シャーラウィの2人である。
この日のアッレグリは1つのケースとして、この2人を2トップに置き、ケヴィン・プリンス・ボアテングをトレクァルティスタに起用する形をスタメンで試す。
そこで見せた1つ目のメカニズムは以下の図のようなものとなる。
前半のミラン
ACミラン:4-3-1-2

このメカニズムは全くもって機能しなかったわけではない。
前半のポゼッションのほとんどを形成したのは、左サイドの高いボール保持があったからであり、ノチェリーノは特に仕事をしたと言える。
しかし、右はというと機能しなかった。
フラミニのボールテクニックが低いこともあったが、動きが直線的で、ポジショニングが悪かった。
この戦術をやるのであれば、右サイドハーフでのプレー経験もあるバカイェ・トラオレを起用する方が良いだろうし、ノチェリーノを右に回して、ケヴィン・コンスタンを起用するのでも良い。
しかし、結局のところ、これをやるには決定的に不足していたのが攻撃のスイッチを入れる選手の存在であろう。
それをリッキーに期待するのも1つの手だが、これならば以前噂に挙がったことのあるパウロ・エンリケ・ガンソの方が更に輝くことができるだろう。
とはいえ、ガンソの獲得はあり得ない。
ミランは既にEU圏外枠選手の獲得人数2名を消化してしまっているのだから。
戦術的にも、ガンソの使い勝手は悪く、リッキー・カカ獲得時の1つのオプションとして、特に対バルサなどの際のオプションと使うべきものと感じる。

☆ミラニスタのほとんどが疑った「謎の選手交代」の真相
そんな機能していない右サイドのメカニズムを代えにかかったアッレグリの選手交代は皆、不思議を感じるところでなかったと思う。
後半10分、右サイドの機能不全により完全に消えており、ペースも崩していたステファン・エル・シャーラウィに代えて、ジャンパオロ・パッツィーニを投入する。
その直後のことである。
それは先制点を取られたことではなく、この日唯一崩しの局面で試行錯誤を繰り返し続けていたロビーニョに代えてウルビー・エマヌエルソンが投入されたことである。
この交代にはロビーニョがやや不服そうな様子を見せた。
(後にロビーニョのあの態度の原因は右大腿部の筋肉系のトラブルを感じたことと判明し、アッレグリとの問題ではないと考えられる。)
さらに。。。
後半30分、攻守に奮闘し続けたアントニオ・ノチェリーノの交代である。
ノチェリーノはまだコンディションが上がりきっていない様子であったとはいえ、新生ミランの中心メンバーの1人である。
そのノチェリーノを代えてまで、投入したのがケヴィン・コンスタンであった。
この意図を説明するのが、今回の記事のメインテーマである。
多くのミラニスタがこの3つの交代、特に後の2つの交代に首をかしげたのには、ジャンパオロ・パッツィーニを生かすことが狙いにあったからである。
端的に申し上げるとするならば、この選手交代で行ったのはフォーメーションチェンジである。
その後のパワープレイやサンプドリアのひきこもりによって見えにくくなった、いや、見えにくくしたものの、垣間見えたのが以下である。
ミランのこの日の最終形
ACミラン:4-2-3-1
この選手交代とフォーメーションチェンジにより、パッツィーニのワンタッチゴールに対するアシスト役のクロスの出所がエマヌエルソンで与えられている。
さらに、ボアテングのカットイン、コンスタンの攻撃的アクセントを加える形となっている。
おそらく、これは偶然の産物ではない。
なぜならば、これは4-3-2-1からの変形だからである。

☆緻密に用意されたリッキー・カカ復帰後のシナリオ
上記の4-2-3-1は4-3-2-1でもメカニズムに取り入れることができる。
そのポイントが複数用意されたダイアゴナルランにある。
以下の図をご覧頂こう。
メカニズムの途中形としての4-2-3-1

赤い線でそれぞれの列の選手を繋げてみると4-2-3-1になっているのがお分かり頂けるだろうか。
もちろん、簡略したものである。
そして、この線上にあるそれぞれの駒を戻していくと。
次なるマイナーチェンジの先にあるもの(迫恵予測)
ACミラン:4-3-2-1
アッレグリがこれまでもミランで使ったことのある4-3-2-1を動きのメカニズムを変えることで、センターでこそ輝く選手、新加入のパッツィーニをも生かせる形になるのである。
そのセンターでこそ、輝く選手がミランが現在、獲得に動いているリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ。
通称、"リッキー・カカ"なのである。




お読みいただきありがとうございます。
ブログランキング応援よろしくお願い致します。
また、ページ最上部や、右の広告をポチっとクリックしていただけると非常にうれしいです。
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


...more
テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

Tag:セリエA  Trackback:0 comment:2 

[ACミラン]最後の最後に高ぶっている感情を抑え、ミランの人になりきった正真正銘のクラッキの新たな挑戦

これで全てが終わった。


ズラタン・イブラヒモビッチの代理人ミーノ・ライオラと、PSGのレオナルドが契約合意を発表した。
ライオラの心中は複雑であっただろうが、一応の満足を得たらしく、それは彼のコメントにも表れている。
「この移籍は関わった全ての立場の者が喜ぶものだ。それゆえ、イブラもね。」

では、イブラの心中はいかがと言えば、こちらは複雑ではあろうが、不満が充満していたであろう。
しかし、ピッポ・インザーギやイグニャチオ・アバテと共にバカンスを楽しむつもりだった彼の余暇は、PSGのメディカルチェックに遮られてしまった。

彼の放出という悲劇を目の当たりにした筆者が願うことは2つある。
イブラには彼も望むビッグイヤーを獲って欲しい。
そして、それはPSGではなく別のチームで。

彼はフェノーメノとしてミランに帰還してからも、更なる成長を遂げた。
シュートのテクニックや献身性を身に付けた。
筆者にとって最も驚きであったのは、昨シーズン後半には、イブラが前線からのプレッシングに効果的に参加していたことだった。
彼のこうした成長は彼を更なるフェノーメノへと押し上げる。
彼は正真正銘のクラッキだ。
クリスティアーノ・ロナウドにも、リオネル・メッシにも劣らない。
その彼にはどうしても上記の2人に負けて欲しくない。
だからこそ彼はビッグイヤーを得るべきだし、形骸化したとはいえバロンドールも得る必要がある。
それが筆者のイブラへの最後の願いなのである。
彼は彼の在籍するチームを強くする能力がある。
それは彼がチームメイトにも自らと同水準の高いレベルのプレーを求めるというその性格にある。
もちろん、それが騒動を巻き起こすこともある。
しかし、彼は彼自身にもより高いレベルを求め、それと常に戦っている。
だからこそ、彼はミランに信頼された。
喧騒を好まず、小競り合いを起こす選手への扱いは、エドガー・ダービッツのときに示されている。
にも関わらず、イブラがここまでミランにいたのは、人には厳しいが自らにも厳しい、そんな彼のクラッキとしてのあり方が素晴らしいものであったからに違いない。
そんな「暴れん坊」とも思われながらも、ミランたるべき男に近付こうとしていたイブラ。
アロニカにパンチをかまして退場することもあったが、彼は彼なりに懸命であったのだろう。
彼の彼なりでの方法で最後のミランへの想いが語られたPSG加入会見はミラニスタの方々にはぜひ読んでいただきたいので、ここに筆者の訳を掲載させていただくこととする。
(稚拙な訳であることをご容赦頂きたい。)

最後の最後にミランの選手としてあろうとしたイブラ。正真正銘のカンピオーネ


「最終的に俺はPSGの選手になった。これは俺のキャリアで大きなステップだ。また1つ夢が叶った。ここにはおもしろいプロジェクトがあって、PSGが最初に接触してきたときから、それに参加したいと思っていた。俺がここに来たのは勝つためであって、それ以外の何の為でもない。
ミランではとても幸せだった。あそこは自分に笑顔を取り戻させてくれた。前も言ったことだがな。ミランでの素晴らしい思い出たちはずっと残り続けるだろう。ミランは俺の心のクラブであり続ける。ミランがあらゆる局面でうまくやることを祈る。あそこは俺が入る前から成功に満ちていたし、これからも成功し続けるだろう。俺はミランに全てを尽くしたし、言うべき否定的なことは何もない。俺は前向きでいるよ。俺は以前にミランが最後のクラブになるだろうと言った。でも、誰だって人生で何が起こるかなんかわからないんだ。過去のことは振り返りたくない。あるのは未来だ。
ミランの誰かによってではなく、自分自身でPSGに加入することを決めた。ミランに売られたんじゃない。PSGが獲得したんだ。PSGには彼らのやった偉大な仕事に感謝している。不可能を可能にしたんだ。このクラブの歴史で最も大きな契約だな。俺はドリームチームに加入した。ここは成長し続けるだろう。トロフィーを獲るだろう。ここには未来があって、俺はそれを信じている。このチームは俺が今までプレイしてきたチームと同等のレベルにあると考えている。俺たちは勝たないといけない。それが俺の来た理由だ。
チアゴ・シウヴァと契約したことも忘れてはいけない。俺らのディフェンスにチアゴ・シウヴァがいる限り、俺は落ち着いて(ゴールを奪うことだけを考えて)いられるだろう。新聞では俺らがトップチームだが、俺らもまたそれをピッチ上で体現しないといけない。俺らのようなチームはそう多くない。どこと戦おうが勝たないといけない。そう、勝たないといけない。そして、勝つだろう。
俺はリーグアンのチームも選手もあんまり多く知らん。これから知りことになるだろう。向こうは間違いなく既に俺を知ってるがな。PSGが俺の周りに近づいて来た時から、PSGに加入することになるだろうとわかっていた。もう詳細を詰めるだけだったからな。俺らはまだ俺の背番号を決めていない。レオナルドが決めるだろう、そう頼んだ。
フランスの人たちはフットボールが好きなんだな。願わくば俺も好きになってほしいし、俺のことを良く知ってもらいたいな。俺と「モナ・リザ」?俺の代理人(ミーノ・ライオラ)はスポットライトを浴びるのが好きだからな。
チアゴ・シウヴァと俺を失うというのは、ミランにとってもイタリアにとっても大きなことだ。セリエはこれから俺たちがいなくなったことで寂しくなる。フランスはおもしろくなるだろう。
親父はムスリムで、お袋はカトリックだが、俺は信仰がない。俺はイタリアでの未来を見ていない。ここで起こることに関心がある。未来はここにあり、今、ここにいる。フットボールは皆に開かれた信仰だ。これが俺の信じる道だ。
マクスウェルは良い奴だ。俺があいつをおっかけてるみたいだよな。もう一緒にやるのは4チーム目なんだぜ。
俺は常々空手を好んできたが、親父が小さい時にそれを見せてくれたんだ。それから俺の一部になった。何で俺が空手ではなくフットボールを選んだかって?そんなもん、俺がフットボールをやってる方が気分がよかったからじゃないか。」



Grazie il Fenomeno Zlatan Ibrahimović...





さて、これからのミランには2つの道が用意されることとなる。
チアゴ・シウヴァ、ズラタン・イブラヒモビッチという世界最高のCBとFWの放出による埋まることのない穴を補填するためそれなりの金銭を用いながら疾走するのか。
あるいは、
浮いた年俸8000万ユーロには手を付けず、黒字経営を目指して移籍金・年俸の安い選手を獲得するのか。
筆者は迷わず後者を選ぶ。
それは先の記事から一貫している。
もうこんな悲しい別れは見たくないからだ。
Twitterでのやり取りの中で言ってくれた人がいたように、「安心してカンピオーネが引退までいれる桃源郷」としてのミランに、それが幻想であれあり続けて欲しいと思うからである。


アドリアーノ・ガッリアーニはこれからが自分の力の見せ所とばかりに再び報道陣に顔を見せ始めた。
また、ガッリアーニの劇場型メルカートが始まる。
我々はもう彼に過度の期待を寄せ始めている。
そう、再び。
この歴史もまた繰り返されていくのかもしれない。

Fin.




お読みいただきありがとうございます。
ブログランキング応援よろしくお願い致します。
また、ページ最上部や、右の広告をポチっとクリックしていただけると非常にうれしいです。
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

Tag:セリエA  Trackback:0 comment:2 

[ACミラン]「新時代」はあまりにも悲しいデジャブ。

突然、止めたはずのネジが回り始めた。



ミラニスタはズラタン・イブラヒモビッチが何を求めているか知っている。
チャンピオンズリーグを自らのシュートで制し、ヨーロッパの頂に登りつめること。
さらにクラブワールドカップをも自らのシュートで制し、世界の頂に登りつめること。
それは明白である。

チアゴ・シウヴァとズラタン・イブラヒモビッチがセットでPSGに6500万ユーロで売られるかもしれない。
それはミラニスタにとって明らかな不安を与えた。
ミーノ・ライオラという世界で最も敏腕な代理人を携える、イブラがオファーに組み込まれることは、ミラニスティにとってどういう意味を持つことか理解するのに容易い。
彼はクライアントの名誉も金銭も同時に獲得することが可能な男であるから。

つまり、この噂が出た時点で悟ったのである。
ミランにはこの2人を引き留めるすべはもうないのかもしれないと。

この2人が持つ戦力的な意味は計り知れない。
「世界最高のCB」と「世界最高のCF」がいなくなる。
それはミラニスティがスクデットよりも重視する傾向のある、ヨーロッパの頂にもはや登ることができないという予感を与えるものである。

さらに同時にミラニスタはミランの象徴をも失うことを意味する。
チアゴ・シウヴァはパオロ・マルディーニに自らの後継であると指名され、先日、アレッサンドロ・ネスタにも自らの後継者と指名された選手である。
ミランのシンボルにも、ミランのディフェンスの支柱にも後を任された彼は二重の期待がかかっていたのである。
ミランのシンボル、つまり、バンディエラが何を意味するのかを知り、ミランのディフェンスラインの支柱がどれほどまでに名誉なことかを知っている彼は苦しみに苦しんだのかもしれない。

その彼がPSGへの移籍が決まってから最初に残したInstagramの写真とコメントが以下。
チアゴ・シウヴァからのメッセージ

彼の言葉を訳すとこうなる。
「僕の人生で最も難しい決断だった。
全てのことにありがとう、ACミラン。」



ミランはチアゴ・シウヴァとズラタン・イブラヒモビッチの2人を放出すると、昨シーズンの選手の合計サラリーの1億6100万ユーロから、合計8000万ユーロの削減を敢行することになる。
おそらく、イブラも近日中にパリに行ってしまうことになる。
それほどまでにミランは無理をしてきた。
それは、ミラニスティに栄光を与えるための過度の無理であったに違いない。
その結末がリッキー・カカのレアルマドリード行きであり、チアゴ・シウヴァのパリ・サンジェルマン行きである。
2人のブラジル人には共通点が数多くある。
真面目な選手であること、敬虔なクリスチャンであること、そして、ミランの近未来のバンディエラになると言われていたこと。。。
あまりにも悲しいリッキー・カカとの別れと同じことが、チアゴ・シウヴァに起こった。
それはパリ・サンジェルマンにいるレオナルドやカルロ・アンチェロッティが原因ではなく、ミランのミランが持つ伝統のせいなのかもしれない。

チアゴ・シウヴァは今も僕たち、ミラニスタのために苦しみ続けている。
(日本時間7月16日2:48に更新されたチアゴ・シウヴァのInstagram.)
チアゴ・シウヴァからのメッセージ②

メッセージの日本語訳
チアゴ・シウヴァ「これからもいつもこのクラブ(ユニフォームを着ているミランのこと)とロッソネーロのファン(ミラニスタ)が心の中にいるだろう。」



Grazie di tutto & We miss you. Thiago Silva...



行きたくないけど行くしかない。
そう思いながら行ってしまった2人のためにも、ミランは本当の「新時代」へと突入していく。
その「新時代」に再びこのようなことが起こらぬためにも、ミランはビッグネームを求めてはならない。
だからこそ、
"We'll see. We'll see..."




お読みいただきありがとうございます。
ブログランキング応援よろしくお願い致します。
また、ページ最上部や、右の広告をポチっとクリックしていただけると非常にうれしいです。
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

Tag:セリエA  Trackback:0 comment:2 

プロフィール

Author:迫恵駆緒
セリエファン、アッズーリファンという視点からカルチョ、フットボール、サッカーを分析します。
賛否両論あると思います。
ぜひ、コメントで御感想などお待ちしております!!

最新記事
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサードリンク(広告)
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。