スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

[ミラン] マリオ・バロテッリ、移籍金2000万ユーロでリヴァプール移籍。

こちらのページではACミランのイタリア代表FWマリオ・バロテッリの移籍関係のまとめLIVE更新します。
新しい情報から上に書き足す形となります。
古い情報は追記に移動させますので、そちらもご覧くださいませ。
日付・時間はイタリア現地時間に従う。

まとめ
マリオ・バロテッリ、リヴァプールへ完全移籍。
移籍金2000万ユーロ+ボーナス。年俸600万ユーロの4年契約。

8月25日
18:05 ACミラン公式
マリオ・バロテッリのリヴァプール移籍が完了した事を発表。

18:00 Liverpool公式



17:55 Gianluca di Marzio氏発
マリオ・バロテッリがたった今、リヴァプールとの契約書にサインした。

8月23日
14:32 Gianluca di Marzio氏発
メルカートでアタック。ミランマリオ・バロテッリの代役を探している。アドリアーノ・ガッリアーニCEOは様々な提案を考案している。ミラニスタの最新の砦はルイス・フェルナンド・ムリエル。アドリアーノ・ガッリアーニはウディネーゼのジャンパオロ・ポッツォ会長に電話を掛け、ウディネのコロンビア代表FWルイス・フェルナンド・ムリエルについて交渉が可能かどうかを確認した。ポッツォ側からの返答はネガティブなものだった。ムリエルは売りに出ていない。それゆえ、今シーズン彼がロッソネーロのユニフォームを身に纏っている姿を見れる可能性はない。1人の目標がガッリアーニのリストから削除された。彼はまた違う候補に目を向け変える必要があるに違いない。目標はストライカー。ミランはメルカート締め切り直前で血眼になっている。

13:00 Corriere della Sera発
アドリアーノ・ガッリアーニのワルテル・サバティーニへの最初の電話は功を奏さなかった。彼はサバティーニにマッティア・デストロが交渉可能なのかどうかを確かめていた。話し合いは開かれた。しかし、ローマの望みはマッティア・デストロを売却する場合は海外へ売却したいというものであった。確かに海外からは既にヴォルフスブルクから移籍金2500万ユーロでオファーが届いている。それゆえ、ローマはデストロ本人がミランを望んだとしても、海外へ売却する道を選ぶ。それゆえ、自体は非常に複雑であり、交渉開始にはほど遠い。

12:30 Sport Mediaset発
数分前、マリオ・バロテッリの代理人ミーノ・ライオラがリヴァプールの練習場メルウッドに到着。これから再びマリオ・バロテッリの条件について最終の詳細を詰める交渉に挑む。本日中にも完全合意の可能性。バロテッリ本人は現在メディカルチェックを完了させるべく動いている。

12:00 Gazzetta dello Sport発
ミランがチェルシーに打診していたMFマルコ・ファン・ヒンケル(21歳)のレンタル移籍はチェルシーによって、拒否された。拒否したのはジョゼ・モウリーニョ監督。

9:00 Tutto Sport発
ミランは目下FW探しを行っているが、アレッシオ・チェルチのことも忘れてはいない。明日(24日)には新たにアドリアーノ・ガッリアーニとトリノのウルバーノ・カイロ会長との間で会談が設定された。しかも、ピッポ・インザーギまで出席する見込みである。マリオ・バロテッリのリヴァプール移籍以降、ロッソネリには新たな最優先事項ができた。しかし、ウィングの補強も重要な目標である。既にミランはトリノに対し、アレッシオ・チェルチの獲得を1200万ユーロでオファーしている。それに加え、誰かしらをその条件に加えることでこの交渉をスピードアップさせる決定をした。

8:16 Corriere della Sera発
マリオ・バロテッリの代理人ミーノ・ライオラがコリエレ・デッラ・セーラの独占インタビューに応える。インタビューの全文はこちらから。

8月22日
23:35 Sky Sport 24発
アドリアーノ・ガッリアーニはFWマッティア・デストロの獲得に向け、ただASローマのワルテル・サバティーニSDに電話をかけただけでなく、代理人クラウディオ・ヴィゴレッリにも電話を掛けていた模様。

23:20 Sky Sport 24発
ACミランは月曜日にチェルシーからのMFマルコ・ファン・ヒンケルに関するオファーへの返答を受け取るはずだと報じる。ミランは1年間のレンタルを打診。

23:00 Peppe di Stefano(よくミラネッロのゲートのところにいるSky Sport記者)発
「アドリアーノ・ガッリアーニはポルトの会長にジャクソン・マルティネスの件で電話を掛けました。値下げはありません。そもそも売る必要がないので、契約解除金3500万ユーロを要求しています。それからガッリアーニはワルテル・サバティーニに電話を掛け、マッティア・デストロについての照会を求めました。本当の意味でのオファーは出していません。返答も受け取ってはいません。彼は売りに出されていない選手です。要求額は2500-3000万ユーロになるかもしれませんが、ミランはトライしたいようです。また、ミランはチェルシーにマルコ・ファン・ヒンケルのレンタルをリクエストしています。メルカート最終日はミランにとってホットな日々になるでしょう。ジャクソン・マルティネスに3500万ユーロのオファーを提出するか?3500万ユーロとなるとないんじゃないでしょうか。ミランにそれほどのお金を使う気がありません。」

22:55
マリオ・バロテッリがリヴァプール入団のためのメディカルチェックを受診し終える。既に多くのファンが歓迎に訪れている。

21:15 Peppe di Stefano(よくミラネッロのゲートのところにいるSky Sport記者)発
「アドリアーノ・ガッリアーニはマリオ・バロテッリの移籍に関する文書にサインをした後、ポルトの会長に電話を掛けましたが、応えはネガティブなものでした。選手が売りに出ることはないでしょう。困難な道が待ち受けています。それからワルテル・サバティーニに電話をかけ、マッティア・デストロの話を持ちかけています。ジャッロロッシとは接触していますが、公式の交渉には至っていません。その他、代理人との接触も確認されています。アルヴァロ・ネグレド、フェルナンド・トーレス、ルイス・フェルナンド・ムリエル.....」

20:44 Luca Marchetti(Sky Sportの記者)
「マリオ・バロテッリがリヴァプールに到着しました。手続き上の過程が未だ完了していません。ミランは既にこの移籍に纏わる文書にサインしていますが、公式発表はメディカルチェックを終えてからになります。代役は誰になるか?ガッリアーニは多くの通話をしています。ジャクソン・マルティネスだけではなく、魅力的な代役は複数います。交渉のテーブルには多くの名前が。ピッポ・インザーギの戦術のCFに適応しそうなのはジャクソン・マルティネスとマッティア・デストロでしょう。ペナルティエリア内で力を発揮するタイプですね。最初にコンタクトをとった2人はその2人についてでした。コロンビア代表FWは契約違約金が非常に高く、ポルトに売る気がありません。ローマはデストロを市場に出してすらいません。そんなこんなでミランはトーレスの後を追い始めています。」

20:03 Sky Sport 24発
マリオ・バロテッリの代役を探しているミランに更なる障害。本日アドリアーノ・ガッリアーニはASローマのワルテル・サバティーニSDに電話をかけ、マッティア・デストロの交渉が可能かどうかを問い合わせた。しかし、ローマの返答はネガティブなものだった。そのCFはローマに残る。市場に出していない。これがローマの公式の立場である。今後数時間でなんらかの発展があるか見てみよう。

19:45 Milan Channel発
ミランチャンネルが本日、ミランがPSGのMFアドリアン・ラビオについて動いていることを確認。現在のところは選手の意思に多大に依存している状況と報告。しかし、ミランのMF獲得候補筆頭はラビオであるとも。

19:37 Milan Channel発
ミランチャンネルも、本日ミランとASローマがマッティア・デストロについて話し合いをしたことを確認。今のところミランはそのFWに公式のオファーはしていないものの、今後数時間の間に何らかのやり取りがある可能性を示唆。

19:35 Gianluca di Marzio氏発
アドリアン・ラビオはメルカートの主役うちの1人であり続けている。契約切れ間近のPSGのMFは契約延長の意思がないようだ。それにパリを去る道を推し進めている。しかし、その移籍は完全移籍のみ。アーセナル、インテル、ローマが彼の獲得に名乗りをあげている。彼はレンタルでは移籍しないだろう。ミランがその形態での獲得に興味を示していた。ユヴェントスは彼の契約が切れた時に、フリーで契約する形を未だ望んでいる。

19:19 Gianluca di Marzio氏発
ポルト側の強固な姿勢にも拘らず、ミランはジャクソン・マルティネスの獲得を諦めてはいない。そのコロンビア代表FWはミランのバロテッリの代役候補筆頭である。しかし、ポルトは彼に設けた契約違約金3500万ユーロ以下では彼を売る気がない。けれども、ミランは諦めてはいない。ポルトは今のところ普通のスタンスを取っていると信じているからだ。それに彼らには望みがある。それはジャクソン・マルティネスの代理人がポルトの要求額を下げてくれる、ということだ。難しい交渉である。しかし、ミランは白旗をまだ揚げてはいない。もう少しは。

17:54 Gianluca di Marzio氏発
ミランの動きは時間と共に加速している。ストライカーに加え、ミランはMFの補強候補を探している。新たなターゲットはチェルシーのマルコ・ファン・ヒンケル。ミランはレンタルでの獲得をオファーした。ブルーズは最終返答を出す前に熟考中だ。ピッポ・インザーギは待っている。新しいMFがプレミアリーグから来るかもしれない。

17:44 Gianluca di Marzio氏発
若く、イタリア人であり、ピッポ・インザーギの戦術にマッチする。アドリアーノ・ガッリアーニとポルトのピント・ダ・コスタ会長の間で電話があった後、ジャクソン・マルティネスはミランからより遠ざかってしまったようである。そのミランはというと、ASローマのFWマッティア・デストロに照準を合わせ始めたようだ。この数時間の間で、アドリアーノ・ガッリアーニとASローマのワルテル・サバティーニSDの間で電話があり、そのFWについて話し合った。両クラブは正式な話し合いの中にある。ミランはローマの返答を待っている。ミランのマリオ・バロテッリの代役探しは始まっている。

17:09 Milannews.it発
マリオ・バロテッリがイングランド・リヴァプールに到着。

16:53 Sport Mediaset発
ACミランはジャクソン・マルティネスをファーストチョイスから外す。ミランはポルトのピント・ダ・コスタ会長からのネガティブな最初の返答を受け、他の選手に照準を変更することを決定した。チャンピオンズリーグのプレーオフ2nd leg後に再アタックするだろうと。

16:03 Gazzetta dello port発
本日午後、アドリアーノ・ガッリアーニとポルトのピント・ダ・コスタ会長の間にやり取りがあった。しかし、ポルト会長からの返答は全くもって励みになるものではなかった。「ジャクソン・マルティネスは非売品である。そのFWを売ることはない。」ミランは3000万ユーロの契約解除金に対し、2000万ユーロまでであればオファーする気でいた。

12:50 Sport Mediaset発
マリオ・バロテッリのミランからリヴァプールへの移籍は全てが完了した。合意の後、リヴァプールと彼の代理人ミーノ・ライオラは彼の移籍に関して契約書にサインをした。ただ、バロテッリは明日のメディカルチェック後にサインする。

12:35 Gianluca di Marzio氏発
マリオ・バロテッリがイタリアを去る。レッズは彼の代理人と合意に達した。昨日のうちにミランとは既に合意に至っていた。彼は午後1時(イタリア現地時間)にプライヴェートジェットでリヴァプールへ出発する。バロテッリが受けるメディカルチェックは今日か明日。ガッリアーニは文書にサイン済みだ。リヴァプールはメディカルチェックの結果を受けてサインする。オペレーションはほんのわずかの詳細を解消すれば結論を見る。バロテッリにはプレミアリーグでの新たな冒険が待っている。

11:58 Carlo Laudisa(Gazzetta dello Sport記者)
マリオ・バロテッリがリヴァプールと契約する。年俸約600万ユーロの4年契約だ。今は詳細をつめている段階。月曜日のマンチェスターシティ戦でのプレーはできないだろう。

10:03 Corriere della Sera発
マリオ・バロテッリの退団により、ミランはピッポ・インザーギにプレゼントする代役を探している。現在のファーストチョイスはポルトのコロンビア代表FWジャクソン・マルティネス。同時にチェルシーからスペイン代表FWフェルナンド・トーレスの逆オファーを受けてはいるが、問題はその高額年俸である。

10:00 Gianluca di Marzio氏発
マリオ・バロテッリが退団に向かっている。アドリアーノ・ガッリアーニの下にはたくさんのFWの代理人からの逆オファーが舞い込んできている(その中にはフェルナンド・トーレスの名前も)。しかし、彼らの候補リストのトップはわずかではあるが優位なポルトのコロンビア代表FWジャクソン・マルティネスだ。ミランはペッティーノ・ティッリを通じて、彼の代理人エンリケに接触している。そこでは彼がミラン加入を望んでいるという情報も得た。給料に関しては問題は何もないだろう。しかし、ポルトが話に入ってきた。彼らがつけた値札は高額の3500万ユーロ。アドリアーノ・ガッリアーニはポルトガルへ飛び、ポルトのピント・ダ・コスタ会長と直接交渉しなければならないだろう。しかし、ジャクソンはミランの念頭にある。ミランは彼を獲得するため、会談を設定するかもしれない。おそらくそれはチャンピオンズリーグのプレーオフ2nd legの間であろう。
次に、ラビオ?このケースでは、彼の代理人である母親の下には既にたくさんの電話が掛かってきている。彼女が彼の将来を扱っているからで、それゆえ、彼を獲得したいのであれば、その多くのクラブが彼女を口説かないとならないのである。昨日、接触があったようだ。「我々の下に来て下さい。我々のテクニカルプロジェクトとスタメンを保証します。ここでは彼が継続的にプレーすることができるでしょう。」と、マダムは口説かれている。彼女は考慮することを約束している。彼女がPSGとの契約延長に頭を悩ませなければの話だが。道はたった1つなのだ。PSGと契約延長をし、レンタル(おそらく2年間)で加入すること。さすれば直ぐにでも主役になれるのだ。アーセナル、ローマ、インテルも動いている。こちらは契約が切れた場合だが、ユーヴェも。その点彼らが電話を鳴らしたときには時既に遅しだろう。

9:02 Corriere della Sera発
マリオ・バロテッリのミラン退団、リヴァプール移籍の流れを記述。マリオ・バロテッリの代理人ミーノ・ライオラは水曜日に既にリヴァプールとの交渉を開始していた。彼はその時点でリヴァプールに対し、より高額のオファーを出すよう脅し文句を告げていた。それは巨額の代理人マージンを受け取るためである(おそらく500万ユーロ以上。確かな額は明らかになっていないが。)。そういうわけで、リヴァプールは水曜日の晩、代理人ミーノ・ライオラを介することなく、ACミランに直接オファーをメールで伝えることを決定した。

8:00 Gazzetta dello Sport発
この日のガゼッタの見出しは"Bye Bye Balotelli"だった。もちろん、マリオ・バロテッリがミランを退団し、リヴァプールに移籍するためであり、この移籍の背景には、いつまで経っても良好になることがなかったバルバラ・ベルルスコーニ副会長兼マーケティング部門CEOとの関係が隠されていると分析。このことにより、バロにはロッソネリと永遠に添い遂げるという希望的観測を妨げることとなった。

2014年8月21日
23:22 Gianluca di Marzio氏発
スーペルマリオのリヴァプール行きがあるので、ミランはその代役探しに取り組んでいる。ロッソネリのトップチョイスはポルトのジャクソン・マルティネス。彼らはそのコロンビア代表FWに総額2500万ユーロ程度のオファーを準備している(400-500万は即金で、しかし、その他は複数年掛けて支払う形)。またミランは実現可能な代役探しにも取り組んでいる。ガッリアーニの携帯電話はひっきりなしに鳴っている。今日は多くのレンタルの逆オファーがあった。その中にはマンチェスターユナイテッドのメキシコ代表FWハビエル・レルナンデスとチェルシーのスペイン代表FWフェルナンド・トーレスの名前も(ガッリアーニは本日、彼の代理人と会話していた)。他にも可能性のある代役はいる。トッテナム・ホットスパーのロベルト・ソルダードやウディネーゼのルイス。・フェルナンド・ムリエル。しかし、彼らは獲得がより難しい。ミランはまだ代役探しの真っ只中。

23:15 Gianluca di Marzio氏発
マリオ・バロテッリはリヴァプールに加入間際にある。唯一足りないのは、最後の細かい部分である。同様に、イングランドでのメディカルチェックも。しかし、リヴァプールに交渉しに行く前に、バロテッリの代理人は彼のクライアントがスペインに行ける可能性があるかどうかを探っていた。彼は実際、アトレティコマドリードにバロテッリの逆オファーで話を持ちかけていた。しかし、その話はなんらか具体的な実態となることはなかったのである。

21:07 Gianluca di Marzio氏発
最後の詳細の段階。合意まで本当にあと一歩。リヴァプールとマリオ・バロテッリの話し合いは、まだ最後の詰めの段階で解決すべきものがある。交渉の最終のまとめは明日に持ち越しとなった。同日、マリオ・バロテッリはレッズのメディカルチェックを受診する。スタートラインに立つまであとわずか。スーペルマリオはプレミア帰還の準備万端。

19:50 Gianluca di Marzio氏発
マリオ・バロテッリはまだミラノに。彼はリヴァプール行きの最終許可を待っている。ミランは既にリヴァプールへ飛ぶことを許可している。彼が待っているのは代理人からの電話。

19:15 Gianluca di Marzio氏発
未来はよりレッズとマリオ・バロテッリのものになろうとしている。ミランとリヴァプールは既に合意に達した。レッズと選手間の合意はないが、現在合意に向けて交渉中だ。リヴァプールは既に最初の金銭面でのオファーとして年俸580万ユーロ、週給9万ポンドを提出した。キーとなる額である。これでバロテッリのリヴァプール移籍はより近づいた。運命はプレミアに。最後の"Si."が待たれている。

18:08 Gianluca di Marzio氏発
バロテッリが退団に向かっているため、ミランはその代役を探している。スーペルマリオが給料面でリヴァプールと合意に達しようとしている一方、ミランはFW探しを続けている。道は長いが、ミランは選手の意思を頼りにしたい。ミランに加入するということに喜びを感じ、魅力を感じるような選手の。もし、ジャクソン・マルティネスが売却を要求すれば、ポルトはその要求額を下げるかもしれない。今のところ、直感的には2500万ユーロ+ボーナスが彼の獲得には必要である。彼の名はマリオ・バロテッリの代役としてはトップにある。しかし、彼らはその代役も検討中である。ハビエル・エルナンデス、ロベルト・ソルダード、フェルナンド・トーレスがそれにあたる。けれども、今のところは彼らはミランのメインターゲットではない。それは他のイタリアのクラブがジャクソン・マルティネスの獲得に動いているのと同様のことである。

15:05 Sky Sport発
マリオ・バロテッリの代役候補に新たな名前も。マンチェスターユナイテッドのメキシコ代表FWハビエル・エルナンデス(チチャリート)やその他新たな名前も。

14:49 Gianluca di Marzio氏、次はSky Sport 24で報告。
「ジャクソン・マルティネスは常にアドリアーノ・ガッリアーニの頭の中に。彼の契約解除金は3000-3300万ユーロ。しかし、それはある程度までしっかり計算される。というのも、その契約解除金は即時に支払われるものだから。ここ数時間でより低額で彼を獲得するためにポルトと接触している。ここ数時間で出てきた名前にはチチャリートの名前も。その他、考慮に付されている名前もある。
チェルチ?彼はウィングの選手としてはファーストチョイス。しかし、目下の最優先事項はバロテッリの代役。
それからMFの話があるだろう。ラビオのミッションは、まずPSGとの契約更新。それからレンタルという形になる。
FWには他に、アルバロ・ネグレド、ロベルト・ソルダードの名前がある。

14:09 Gianluca di Marzio氏発
マリオ・バロテッリとの別れにより、ミランには新たなシナリオが開けた。彼らはバロテッリの移籍金約2000万ユーロを再投資することができるようになる。ライオラは15時にリヴァプールのフロントオフィスへ。彼はバロテッリの給料と契約期間について交渉する。一方、ミランは未来に目を向けている。彼らのトップターゲットはポルトのコロンビア代表FWジャクソン・マルティネス。まだ交渉は始まってもいないが、ポルトのフロントには声を掛けている。彼らの考えは、有償レンタル+2500万ユーロの買い取りオプション。オペレーションは簡単ではない。特にピント・ダ・コスタ会長が話に入ってくれば特に強固なクラブである。ミランは動き始めている。ターゲットはジャクソン・マルティネス

13:48 Milan ChannelにGianluca di Marzio氏出演。
「マリオ・バロテッリのリヴァプール移籍には既にシグナルがあった。それは人が退いた後のミラネッロでの代理人ミーノ・ライオラとの奇妙な2時間の対談から。そこで選手からの移籍へのゴーサインを受け取り、さらにはガッリアーニとの合意を得て、彼はすぐさまイングランドへ飛んでいった。リヴァプールの望みはレンタルだったが、その交渉はブロックされ、それからボーナス抜きで移籍金2000万ユーロの合意を見つけることとなった。バロテッリの稼ぎは大きかった。税抜きにすると400万ユーロ、税込みで800万ユーロ。この条件をそのままミランは投資するだろう。ミランが誰も獲らないとは思わない。(バロテッリは)キャラクターに問題があった。イタリアのカルチョとの共感が欠けていた。それから、技術的な観点から見ても、異なるタイプのFWを求めたのだろう。これからはインザーギの意向を受け、メルカートに向かうことになる。本当のFWを探しに。
ジャクソン・マルティネスの代理人、ポルトとの接触は確認済みです。長きに渡って噂のあった名前です。ミランの首脳陣の頭には、そのコロンビア代表FWの名前が常に存在しています。今はともかくその実現可能性を探らねばなりません。彼は最近、契約を更新したばかりなのです。しかし、彼は27歳で、ポルトは適切な額のオファーを受け止めれば無理にその選手を引き止めることはしません。契約違約金を支払うことは不可能でしょうから、ポルトとの合意を得ることになります。
(PSGのMFアドリアン・)ラビオはミランにとってファーストチョイスでしょう。しかし、ミランだけではなく、多くのクラブにとって。複雑な状況です。ロッソネリはPSGと話し合ってはいます。彼らの望みは契約延長後のミランへの2年間のレンタルです。問題はPSGと選手間にあるのです。ミランはラビオの代理人である母親に契約更新とミランへの2年間のレンタルで働きかけることでしょう。PSGと選手間の契約更新に問題は依然として残りますが、ミランは契約更新とミランにレンタルでプレーする説得をすることはできるに違いありません。しかし、母親である代理人は特殊で難しい人です。ミランはそんな彼女に働きかけなくてはならないのです。
ジェマイリはミランが望めば、獲れます。基本的な合意はあるのでしょう。メルカート最終日に決まるかもしれません。
今や最優先事項は変わりましたが、チェルチにはアトレティコマドリードがいます。思うに、2000万ユーロは当初の査定額としては高すぎると感じたのでしょう。1500万ユーロあたりで獲る事ができるでしょう。
まずはジャクソン・マルティネスにいくら掛かるのかを把握する必要があります。適切に予算を鑑みる必要があるでしょう。もし、彼が来なければ、数多いる名前、例えばチチャリートやその他といったものを考えるでしょう。今、重要なのは適切な選手に再投資すること。この点、ローマがいい例です。エリック・ラメラ、パブロ・ダニエル・オズヴァルド、マルキーニョスの退団後の獲得を見てみればいい。ガッリアーニはうまくやるでしょう。もし、ジャクソン・マルティネスを獲得できたら、ミラニスタを喜ばせることでしょう。私は喜ぶでしょう。彼ならビッグな選手になる準備はできていますから。
ジョエル・キャンベル?彼はCFでもウィングでもプレーできるので、彼を除外することはできないはずです。アーセナルは奪われたくはないですが、適切なオファーであれば受け入れることでしょう。」

13:38 Milan Channel発
ACミランはジャクソン・マルティネスの獲得に向け、ポルトと夜通しで接触していた。さらにはとあるMFとも。メルカート締め切り直前にはウィングの加入の可能性も。

13:35 ACミラン公式HPより こちら
「ミラネッロ:マリオ・バロテッリがロッソネリのスポーツセンターを去る」
ミラネッロ ― マリオ・バロテッリが13:30、ミラネッロスポーツセンターを去った。チームメイトに別れの挨拶をした後のことである。彼はミラネッロのゲートを通り過ぎる前に、ミランの広報担当にもお別れの挨拶をした。

13:35 Milan Channel発
リヴァプールはACミランにマリオ・バロテッリの移籍金として2000万ユーロを支払う。ミランは彼の年俸400万ユーロを削減することができる。この移籍金による利益で、ミランはメルカートでの動きが可能となる。

13:30 Milan Channel発
昨晩、22時までは何もなかった。22時を過ぎ、全てが1時間で変化してしまった。リヴァプールからのオファーがあった。今はリヴァプールとの実質的な合意がある。本日15時、マリオ・バロテッリの代理人ミーノ・ライオラがリヴァプールのホームグランウンドに出向き、選手の条件について合意に達するべく交渉に向かう。

10:58 Gianluca di Marzio氏発
バロテッリのリヴァプール加入が近い。両クラブが原則合意に達した。夜中の間に交渉がスピードアップしていたのだ。彼は完全移籍で退団するはずである。移籍金?約2000万ユーロ。これはボーナス抜きで。午後にもミーノ・ライオラはリヴァプールに到着し、選手の条件面について交渉するだろう。今日がバロテッリにとって、最後のミラネッロの日になるかもしれない。リヴァプールは彼を待っている。
スポンサーサイト
...more
テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

Tag:メルカートを読む  Trackback:0 comment:0 

[ミラン]ミーノ・ライオラ、独占インタビュー全文訳:「ミランとの別れの時だったんだ。」

ミーノ・ライオラ「バロテッリはリーダーじゃない。リヴァプールは最後の旅先。」
代理人はバロテッリのミラン退団をこう言って説明した。「マリオはもう年齢を言い訳にはできない。一か八かだ。」
さらに、バルバラ・ベルルスコーニ女史にはこう言ってのけた。「とても失望した。」

「彼は驚いていたよ。何でマスターシェフはピッツァを作ったことがないんだって。」
スカイプの呼び出し音に続いて、デッカイ顔が出てきた。カルミネ・ライオラ、46歳。人は彼をミーノと呼ぶ。ノチェーラ・インフェリオーレ(カンパニア州サレルノ県)生まれ。子どもの頃にオランダ・ハールレムに移住し、父の修理工の仕事を継いだ。それからイタリアンレストランでも働いた。そんな彼が辛うじてスカイプのスクリーンに現れたのである。この男がワールドクラスの選手を動かしているのである。それもあたかもペグソリティアの駒のように。とりわけ1人の選手を。しかも頻繁に。そう、マリオ・バロテッリのことである。「Mr.5%」の異名(※「Mr.5%」の由来は、ライオラは選手の年俸の平均5%をエージェント料として受け取っているため)も持つ彼は今、マンチェスター空港からリヴァプールに向かっている。「バロテッリの契約は月曜日か火曜日に決定する。私には調整すべき細かな点がまだ数多く残されている。そうこうしている間にも、今日、バロテッリはメディカルチェックを受けるがね。」

さて、ピッツァとは。
「美味いピッツァを作ることはとても難しい。それから私がピッツァを作っていたというのは都市伝説だ。しかし、よく出来た作り話だ。父は1日18時間働いていたよ。レストランでは私があらゆることをしていた。皿洗いもしたし、トイレも洗った。それからテーブルをサーブして、木箱を降ろしたりもね。やったことがなかったのはただ1つ。ピッツァ作りだった。1度、ミハイロヴィッチにこう言ったことがある。「もし俺のことを攻撃してこないピッツァイオーロ(ピザ職人)を私の下につれてきてくれれば、褒めてやろう」とね。」

無知、インチキ、無礼、こういったことが全てを教えてくれる。
「私はいろんなことを言われるね。『デブ』、『ブサイク』、『やぼ』、『こん○○!』とか(訳者注:日本語で言うと「通風・陰○・禿・○○デブ・き○い」)。気にしちゃいないし、不平も言わない。私には自尊心がある。『私だ!』とね。私には思想の自由がある。それに表現の自由も。しかし、イブラがミランに入った時は代理人がより良く言われ、バロがリヴァプールに行くとなれば変人代理人と言われるのは正しいことではない。父は常々こう言ったものだ。真実は中庸のどこかにある(アリストテレスの「中庸」の概念)と。このことは私が知る限り、真実だ。」

では、何がライオラにとっての真実なのか。
「私がリヴァプールに(エージェント料として)誇大なパーセンテージで要求したというのは真実ではない。あのイギリスのクラブとの交渉はとてもスムーズかつ公正だったし、内容があった。3ヶ月前から事は運んでいたんだよ。スクープなことなどなかったんだ。リヴァプールは常にマリオのことで私が交渉している唯一のクラブだった。」

かのイギリスのクラブは素行に関する条項を加えることを望んでいると言われる。所謂、「バロテッラーテ」があった場合、僅かな金額が。
「言い方に悪気がある。マリオはリヴァプールの他の選手達と異なる形態で契約にサインするわけではない。彼は他のいかなる人とも同様にクラブの行動規範を尊重しなければならない。」

バロテッリがACミランに99.9%残ると聞いたときはホッとしたんですが。
「私の義務は自らのクライアントを傷付けるかもしれないようなことはどんなこともしないということ。公証人を前に真実を話すよう誓わされたわけではないからね!けれども正直であることは好きだ。3日前までは、何らオファーはなかった。リヴァプールとの話し合いはあったが、オファーはなかった。オファーがあるかと尋ねられれば、Noと言っていた。リヴァプールに話を持ちかけているのかと聞かれれば、答えはSiだった。真実はこうだ。私は数ヶ月に渡ってマリオのことで動いていた。ミランとの別れの時だったんだ。」

なぜ?
「私には説明できない。フィーリング。フィーリング。。。」

フィーリング?教えてライオラ。
「何か事実が、何か出来事が、何か諍いがあったわけではなかった。何もなかった。レポートされたような衝撃は真実ではない。私は常々、マリオのイタリア帰還には否定的だった。プレッシャー、過度の期待、メディア。。。イタリアでのプレーは彼にとって海外でのプレー以上に重く辛いものなんだ。しかし、マリオはこう主張した。「シティがミラン行きを望んでいる。代理人と選手の間の決定権はクライアントの方にある。」と。」

去るにあたって、ライオラには2つのミランへの感情が。
ガッリアーニとは大論争を繰り広げたよ。仕事は無慈悲なものだったからね。誰のことも考えていないよ。」

だが、あなたは交渉の場においては狡猾なカンパーニャのジェントルマン。
「もう終わりにさせてくれ。人として、ガッリアーニには敬意があるし、友人関係でもある。ミランでは、私といえども何かを非難することはできない。あそこは偉大なクラブだ。マリオは6-7ヶ月はいいプレーをした。チャンピオンズリーグに導く決定的な貢献もした。しかし、それから我々はリーダーになる準備が出来ていないことがわかった。」

それはずっとこの先も?あなたの意見を聞かせてほしい。
「その予想はどこにも書かれていない。私が探したのは彼が重要な選手の1人としてプレーでき、かつ、リーダーになることを求められない場所だった。リヴァプールにはジェラードがいる。マリオは守ってもらえるだろう。その点、リヴァプールはベストなクラブだろう。今は彼次第。失敗は許されない。」

クライアントにとって何がキツかったのか。
「人は皆リーダーとして生まれるわけではない。それに常に素晴らしいストライカーであることなどない。彼に必要なのは、こうしたプレッシャーから解き放たれること。楽にゴールを決められるようになれば。ただそれだけだよ。」

リヴァプールが最後の移籍先になるか?
「高確率でSiだよ。伸るか反るかだ。」

もし反った場合は?
「マリオは24歳だ。彼ももう言い訳できる年齢じゃない。」

ミランに話を戻して、あの片割れの女性について。
「バルバラか。彼女にはとても失望した。」

逆もまた真なり。(Viceversa.)そのように見えるけど?
「彼女は常にフレンドリーでエレガント。人生で3度だけお話したことがある。私は傷付けらた。しかし、私のことを言うならば、面と向かって言わないといけない。しかし、私に向けた言葉は不公平な形で私に伝わってきた。」

伝えられたことを伝える(relata refero:ラテン語)は決して信頼しない
「私にはミランに対して何ら責任はない。従業員ではないし、バルバラ女史から金銭を受け取ってもいない。私を使うべきではない。私は常にプロフェッショナルだった。それから、人生において間違うことはできない。完璧な人間などいない。私の関心は唯一、人々が私のクライアントと私の家族のことを考えてくれているかどうかだけだ。」

さあ、話して下さい。子どもたちにとって、ライオラの子であることに望みはありますか。
「ノー。私は世界最高の仕事をしているが、煩雑なものでもある。毎朝早朝7時には起き、1年で300日は旅、私の父がそうであったように1日18時間は仕事をしている。家にいたことなどない。ガブリエレとマリオ(ライオラの息子たち)にはそんな仕事は諦めてもらなわねばならない。イタリア人の典型的なメンタリティに則って父からそんな仕事を継ぐ、なんてことをしてはならない。」

マリオ?バロテッリに敬意を表して?
「ノー!父からもらった名前だ。」

では、あなたは子どもの頃、何を夢見たんですか?
「私もかつてはハールレムのユースセクターでフットボールをプレーしたよ。偉大なるバロンドーラーになりたかった。」

でも、下手だった。
「私はカンピオーネだった。それが私だと信じていただけだったが。私にも「ミーノ・ライオラ」のような代理人が必要だったのだろう。
テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

Tag:メルカートを読む  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

Author:迫恵駆緒
セリエファン、アッズーリファンという視点からカルチョ、フットボール、サッカーを分析します。
賛否両論あると思います。
ぜひ、コメントで御感想などお待ちしております!!

最新記事
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサードリンク(広告)
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。