スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

[Live SMN & SCN]2015年6月20日 モンテカルロのミランデルビーの勝敗とその裏側

ジェフレイ・コンドグビアを巡るミラノデルビー、通称「コンドダービー」の結果は既にここまでツイートをしてきました。しかし、その顛末を少々寝不足が過ぎる程度に追いかけた筆者からも、その裏側などをお話しつつ、様々な「誤解」を正していければと考える。
さて、ジェフレイ・コンドグビアについては、筆者は昨日の記事の中でも、ミラン側のスタンスとしては比較的ニュートラルな立場を表明したつもりである。アドリアーノ・ガッリアーニは「悲観的でも、楽観的でもない」という言葉で、そのスタンスを表明していた為である。
昨日のミランは一昨日の夜に既に発していた立場を踏襲し、一夜明けた午前の間にはモンテカルロを発ち、ミラノへ帰っていった。それは、本当の意味での「撤退」を意味する。というのも、モンテカルロへの2回目の出発を前にし、アドリアーノ・ガッリアーニは「月曜日に会いましょう。」とコリエレ・デッラ・セーラ紙の人間に発していたからである。その際、「ジェフレイ・コンドグビアは将来的にポール・ポグバと同等の価値を持つ選手になるだろう」という見解をも表明している。
しかし、モンテカルロにはインテルも来たのである。それはジェフレイ・コンドグビアがインテル行きにもGoサインを出した為であり、土壇場のロベルト・マンチーニ(インテル監督)の直接の電話による説得が大きく影響していた。その情況を判断したアドリアーノ・ガッリアーニはASモナコと交渉し、仮合意までは至った。しかし、まとめなかったのは、あまりにも移籍金が高騰したため。アドリアーノ・ガッリアーニはその時点で、同選手の保有権に大きく拘るドイエンスポーツへの御礼は完了したと考えた。
インテルはというと、ロベルト・マンチーニ監督の電話、その後のモンテカルロへの急襲もあり、引くに引けないところまで突っ込んでいた。さらに、「ミラノデルビー」という世間的なイメージは、「負けてはいけない」という観念を植え付けたともいえるだろう。
ミランは一昨日の晩の時点で、その争奪戦の終着点を固定していた。アドリアーノ・ガッリアーニは一旦、ASモナコと移籍金4000万ユーロ(2年分割払い)、ジェフレイ・コンドグビアとは年俸400万ユーロ(ミランの従来のサラリーキャップ)+ボーナスの5年契約。この額にインテルが追い付けば、インテルがコンドグビアはインテルのものになる。ならなければ、ミランがコンドグビアを得る。そういうシナリオを作ったうえで、契約書を作成し、ミラノに帰っていった。その時点ではまだミランが優位に見えた。(筆者はこの時点でもインテルが争奪戦を制する形になると見ていた。)
インテルが最後の捨て身の交渉で押し切ったのは、昨日午後、ジェフレイ・コンドグビアの代理人・兄(そこから情報は父へと渡っていた)を納得させるオファーはこれしかなかった。年俸450万ユーロ+ボーナス。今シーズンのインテルのサラリーキャップは320万ユーロだったが、それをはるかに超える年俸額を提出した。この時、勝負は決まった。インテルはもう後には引くことが出来ない。ASモナコとの交渉でもミランが提出していた移籍金4000万ユーロを提出する以外にもう道は残されてはいなかった。(おそらくインテルも2年分割、またはそれ以上の分割を望み、それについては勝ち取っているはずだが。。。)
さて、ミランはというと、アドリアーノ・ガッリアーニという古狐は「負けるが勝ち」の道をとった。あのまま移籍金4000万ユーロを支払い、年俸400万ユーロを払って入れれば、1人の選手が臍を曲げていたことだろう。それはMFナイジェル・デ・ヨング。今月末で契約が満了する同選手は、ミランとの契約延長を受け入れた。しかも、減俸を受け入れており、その額は年俸200万ユーロまで下がったという噂まであるほどに。そんな中、同じMFのまだ若手の選手に年俸400万ユーロを支払うというのがわかってしまえば、きっと契約延長の話はなかったことになり、本当にこのチームの中心はマンチェスターに帰って行ってしまうことだろう。青から赤に着替えて。
インテルにも同様の不安は付きまとう。先日インテルとの契約延長の書類にサインをしたFWマウロ・イカルディ。半年以上に及ぶ押し問答の末、年俸400万ユーロ弱で契約延長をしたこのセリエA得点王はこれほどまでにあっさりと自らをも越える年俸で選手がやってくると考えてしまえば・・・・・。それよりも、この選手の代理人は、ユヴェントスとの関係性も色濃い。(インテルによるミランダ獲得はこの代理人の強い推しによるものであり、その獲得交渉と同時に、マリオ・マンジュキッチのユヴェントス移籍の交渉にも関係している。)
さて、上記を踏まえ、この問題への見方を提供するとすれば、ミラン側はニュートラルなスタンスがオススメである。ミランはドイエンスポーツへの御礼を無償で行うこととなった。確かに1人のフェノーメノ候補を獲り逃しはした。しかし、もし、コンドグビアを獲得していれば、今夏用意した補強資金の半分は飛んで消えていた。そうも考えられるからである。インテル側はロビー・マンチョが熱望した選手を獲得出来たのである。ある意味、このオペレーションの完遂は、マンチーニという監督にもチャンピオンズリーグ出場権という目標をノルマとする上では役にたつ。それに、ユヴェントスも興味を示した選手をミランとの争奪戦を制し、獲得したという事実。これは紛れもなく強いインテルの象徴となりうる出来事であるからだ。いずれにしろ選手の売却の必要性はあったのである。それが誰になるか、何人なのかはわからない。しかし、ギャリー・メデルという現在のフットボール界には稀有な中盤の潰し屋を中心に、ジェフレイ・コンドグビア、マルセロ・ブロゾヴィッチ、マテオ・コヴァチッチという3人がひしめき合うインテルの中盤はそれだけでも将来安泰に見えるほどの質を誇ることとなる。この後、ジャンネッリ・インブラをそのまま獲得し、チアゴ・モッタのインテル復帰を成就すれば、インテルの中盤はチャンピオンズリーグ出場権よりも、スクデットさえも狙える陣容が揃うことになる。痛みは伴うが、先行きを不安視する必要のないインテルの中盤像はもうすぐ目の前にある。


[イタリア:6月20日]
(日本:6月20日)

イタリア時間9時56分 (日本時間16時56分)
コリエレ・デッラ・セーラ紙
ASモナコのフランス代表MFジェフレイ・コンドグビアの争奪戦は激化の一途を辿った。その激化により、移籍金の要求額は4000万ユーロ近くまで上昇、年俸も500万ユーロ必要な状態へ。

イタリア時間10時21分 (日本時間17時21分)
ガゼッタ・デッロ・スポルトのとある記者
モンテカルロの対決はわかりやすい構図に。ジェフレイ・コンドグビアの側にはACミランが、ASモナコの側にはインテルが、恐るべき争奪戦。

イタリア時間10時52分 (日本時間17時52分)メディアセット、Sky Sport
ACミランのアドリアーノ・ガッリアーニはモンテカルロより撤退。モンテカルロにはインテル陣営のみが残った形に。

イタリア時間10時53分 (日本時間17時53分)
@SacoeCalio: [Live SMN]Sky Sport
ACミランのアドリアーノ・ガッリアーニはモンテカルロを去ったものの、新たな来客(イタリアのクラブではないクラブ)がモンテカルロに来たようだ。

イタリア時間11時06分 (日本時間18時06分)
ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏
ACミラン陣営がモンテカルロから撤退した。ASモナコのフランス代表MFジェフレイ・コンドグビアの争奪戦はインテルリードが濃厚に。

イタリア時間11時14分 (日本時間18時14分)
ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏
モンテカルロで一夜を明かしたACミランのアドリアーノ・ガッリアーニは争奪戦勝利に備え、契約書などを準備した。彼はミランのオファーがASモナコへも、ジェフレイ・コンドグビアへもベストだと信じている。

イタリア時間11時16分 (日本時間18時16分)
ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏
それからアドリアーノ・ガッリアーニはジェフレイ・コンドグビアとその代理人に電話を掛け、モンテカルロから静かに撤退した。一方、インテルは現状でどこまでオファーを上乗せすればいいのかを探っている。

イタリア時間11時21分 (日本時間18時21分)
ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏
インテル陣営はというとまだモンテカルロにいる。これから新たに会談が行われ、そこでオファー額の上乗せが期待されている。

イタリア時間11時25分 (日本時間18時25分)
ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏
一方、オリンピック・マルセイユとMFジャンネッリ・インブラはインテルからのコンタクトを待っている。いつ、どのようにしてそれが移籍の合意に繋がるかを知りたがっている。(続く)

イタリア時間11時27分 (日本時間18時27分)
ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏
インテルにのジャンネッリ・インブラ獲得は、コンドグビア次第となった。もしかしたら「代役」のまま終わってしまうかもしれない。しかし、インテルがコンドグビア獲得に失敗した場合、インブラに動くだろう。

イタリア時間11時31分 (日本時間18時31分)
コリエレ・デッラ・セーラ紙
ACミランが獲得に動いているASモナコのフランス代表MFジェフレイ・コンドグビアの価値について、アドリアーノ・ガッリアーニはユヴェントスのフランス代表MFポール・ポグバに匹敵すると考えている。

イタリア時間11時58分 (日本時間18時58分)
ガゼッタ・デッロ・スポルトのとある記者
ACミランがコロンビア代表を尊重し、専念させること理由にメディカルチェックと契約書へのサインを先送りにしているFCポルトのFWジャクソン・マルティネスの下に、アトレティコ・マドリーが横槍。

イタリア時間12時13分 (日本時間19時13分)
Sky Sport
午前から午後に替わるこの時間までに、インテルとASモナコの間で会談に発展することはなかった。電話でのやり取りだけ。インテルはまだオファー額を上乗せさせることが出来ていない。ミランリード?インテルはまだ自信。

イタリア時間12時56分 (日本時間19時56分)
ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏
アトレティコ・マドリーがACミランによるFCポルトのコロンビア代表FWジャクソン・マルティネスの獲得に横槍を入れた。メディカルチェックに進んでいない同選手に契約解除金を払えば選手と交渉できるから。

イタリア時間12時57分 (日本時間19時57分)
ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏
インテル陣営はまだモンテカルロに留まっている。現在、ジェフレイ・コンドグビアの代理人と会談中。クラブ間の会談はまだ。

イタリア時間14時44分 (日本時間21時44分)
ナポリ公式Twitter
エンポリのMFミルコ・ヴァルディフィオーリがナポリ加入に向け、メディカルチェックを受診。
https://t.co/rh2OcXGSfo

イタリア時間14時47分 (日本時間21時47分)
ナポリ、アウレリオ・ラウレンティス会長Twitter
ナポリとMFミルコ・ヴァルディフィオーリが契約書にサイン。
https://t.co/GVAsEXEocs

イタリア時間14時51分 (日本時間21時51分)
ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏
カリアリがペスカーラとFWフェデリコ・メルキオッリについて移籍金250万ユーロの完全移籍で合意。選手とは3年契約で合意。セリエBでは年俸30万ユーロ、セリエAでは年俸35万ユーロ。

イタリア時間15時28分 (日本時間22時28分)
ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏
インテルがASモナコのフランス代表MFジェフレイ・コンドグビアと合意間近。インテルは選手と合意後、ASモナコとの本日の交渉へ。

イタリア時間15時40分 (日本時間22時40分)
ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏
インテルが既にASモナコのフランス代表MFジェフレイ・コンドグビアのインテル加入のためのメディカルチェックを来週月曜日に設定。インテルフロント陣はこれからASモナコのフロントと再び会談。

イタリア時間16時07分 (日本時間23時07分)
ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏
インテルとASモナコのMFジェフレイ・コンドグビアが合意。クラブ間合意も間近。コンドグビア争奪戦はインテルに軍配へ。

イタリア時間16時08分 (日本時間23時08分)
ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏
インテルはジェフレイ・コンドグビア獲得後も、オリンピック・マルセイユのMFジャンネッリ・インブラの獲得へ動く見込み。

イタリア時間16時13分 (日本時間23時13分)
ガゼッタ・デッロ・スポルトのとある記者
インテルはACミランとの争奪戦を制した。ジェフレイ・コンドグビアと年俸400万ユーロ+ボーナス(インテル最高年俸)で合意に至った。移籍金は3000万ユーロを確実に超すものとなる。

イタリア時間16時33分 (日本時間23時33分)ガゼッタ・デッロ・スポルトのとある記者
インテルによるジェフレイ・コンドグビアへの投資は移籍金+年俸など総計7000万ユーロ級の投資となる。

イタリア時間16時55分 (日本時間23時55分)
Goal.it
インテルとACミランは既に代理人に接触しているが、ユヴェントスはクラブ間で接触。ユヴェントスもまたマンチェスターシティのモンテネグロ代表FWステファン・ヨヴェティッチ。買い取りオプション付きレンタルで獲得希望。

(日本6月21日)

イタリア時間17時00分 (日本時間0時00分)
ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏
インテルフロント陣がファイナルステージに進出した。スタッド・ルイ・ドゥ(ルイ2世スタジアム)がその舞台。選手の代理人達も来る。選手との合意は年俸450万ユーロ+ボーナス。最後はクラブ間交渉。


イタリア時間17時27分 (日本時間0時27分)
ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏
インテルによるASモナコのMFジェフレイ・コンドグビアの獲得オペレーションは決定的な瞬間を迎えた。契約書が準備されている。

イタリア時間18時10分 (日本時間1時10分)
ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏
オリンピック・マルセイユとMFジャンネッリ・インブラがインテルを待っているのは、インテルとマルセイユが同選手の完全移籍について、移籍金1850万ユーロ+ボーナスで仮合意しているから。

イタリア時間18時12分 (日本時間1時12分)
ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏
さらにジャンネッリ・インブラに対しても、ロベルト・マンチーニ監督が説得してしまった節がある。それ故、オリンピック・マルセイユもジャンネッリ・インブラも早く正式書類が来ることを待っている。

イタリア時間18時13分 (日本時間1時13分)
ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏
ただし、ジャンネッリ・インブラには、イングランドから熱視線が寄せられている。特に、アーセナルとトッテナム・ホットスパー。彼らはモンテカルロの様子も見ていたが、インブラも虎視眈々と狙っている。

イタリア時間18時42分 (日本時間1時42分)
ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏
たった今、ASモナコのMFジェフレイ・コンドグビアがインテルとの契約書にサイン。残るはクラブ間の交渉のみ。現在、交渉は大筋が決定し、最終段階。

イタリア時間19時20分 (日本時間2時20分)
ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏
一足先に契約書へのサインを済ませたASモナコのMFジェフレイ・コンドグビアがスタッド・ルイ・ドゥ(ルイ2世スタジアム)を後に。あとはインテルとASモナコのサインを待つのみ。

イタリア時間20時03分 (日本時間3時03分t
インテルとの契約書にサインをし、確認作業中のジェフレイ・コンドグビア。
http://t.co/XftlBNxZF6

イタリア時間20時42分 (日本時間3時42分)
Sky Sport
マンチェスターシティのモンテネグロ代表FWステファン・ヨヴェティッチに、インテルミラノ、ACミラン、ユヴェントスが興味。こちらも北の3クラブによる争奪戦の可能性。ラウンド2はヨヨ?

イタリア時間21時19分 (日本時間4時19分)
ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏
ワトフォードがジェノアとWGディエゴ・ペロッティについて完全移籍で合意。ディエゴ・ペロッティには現在のジェノアの年俸の2倍の年俸140万ユーロのオファーを提出中。本人はイタリア残留を希望。

イタリア時間23時35分 (日本時間6時35分)
ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏
インテルが基本合意を得ているオリンピック・マルセイユのMFジャンネッリ・インブラの代理人にACミランが接触。ミランの戦略はコンドグビアの際と一緒。選手と合意を得た後、マルセイユとの交渉を加速へ。

イタリア時間23時36分 (日本時間6時36分)
ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏
ACミランのプランは、もう1つある。最初の狙いに立ち返り、ASローマがジェノアから残る共同保有権を買い戻す方向で固まっているイタリア代表MFアンドレア・ベルトラッチの獲得。かなり困難ではある。

イタリア時間23時56分 (日本時間6時56分)
ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏
フィオレンティーナがエジプト代表FWモハメド・サラーのレンタル移籍条項の中に含まれていたレンタル期間延長オプションの行使を行うため、100万ユーロの手数料を払う決断。

イタリア時間23時59分 (日本時間6時59分)
ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏
ただし、フィオレンティーナがモハメド・サラーを残す為には選手の合意が必要であり、同選手にはアトレティコ・マドリー、インテル、ASローマなどが興味。

[イタリア6月21日]

イタリア時間0時34分 (日本時間7時34分)
ガゼッタ・デッロ・スポルトのとある記者
アトレティコ・マドリーがジャクソン・マルティネスの獲得に近付いている。こうした現状に対し、ACミランはカルロス・バッカ(セヴィージャ)とルイス・アドリアーノ(シャフタール・ドネツク)を代替案に据えた。

イタリア時間0時35分 (日本時間7時35分)
ガゼッタ・デッロ・スポルトのとある記者
ジェフレイ・コンドグビアの争奪戦から撤退し、インテル移籍が決まった今、ACミランはアクセル・ヴィツェル(ゼニト・サンクトペテルブルク)とアンドレア・ベルトラッチの獲得を視野に。

イタリア時間0時52分 (日本時間7時52分)
ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏
インテルとASモナコのMFジェフレイ・コンドグビアの合意は移籍金4000万ユーロ+ボーナス。インテルとコンドグビアとの合意は年俸450万ユーロ+ボーナスの5年契約。インテルはミランとのコンドダービー勝利。

イタリア時間0時55分 (日本時間7時55分)
ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏
ACミランとFCポルトはコロンビア代表FWジャクソン・マルティネスについて移籍金3500万ユーロ(2年分割払い)で合意した後、選手とは年俸350万ユーロ+ボーナスの条件で合意していた。

イタリア時間0時57分 (日本時間7時57分)
]ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏
そこに表れたのがマリオ・マンジュキッチをユヴェントスに放出することで合意したアトレティコ・マドリー。同じ額のオファーをFCポルトに提出、合意を得た後、選手にはミラン以上の条件のオファーを提出。


今日はコパ・アメリカ、グループCの2試合がともに注目です。

この記事は、ノチェ太郎 @Mardinista さんの御協力により、編集し、更新しています。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ : 欧州サッカー全般
ジャンル : スポーツ

Tag:ツイートまとめ  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

Author:迫恵駆緒
セリエファン、アッズーリファンという視点からカルチョ、フットボール、サッカーを分析します。
賛否両論あると思います。
ぜひ、コメントで御感想などお待ちしております!!

最新記事
検索フォーム
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

スポンサードリンク(広告)
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。